フィリピンで日本語は通じるの?

海外へ行くと言葉が通じないのが不安・・・という日本人は多いですよね。
英語が得意なら良いですが、日本語しか話せない状態でいきなり単身で海外を訪問するのは勇気が要るものです。
ただ、ハワイやグアムなどのように、日本語が通じやすい国もあります。
アジアだと、韓国や中国、台湾には日本語学習者も多く、たまに現地人の日本語力に驚かされることもあります。
しかし、フィリピンに限って言うと、実は日本語学習者の数は非常に少ないです。
その理由は、彼らがすでに万国共通語である英語を話せるからです。
彼らの母国語はフィリピン語(タガログ語、セブアノ語など多種ある)ですが、基本的な学校教育が英語で行われており、ほとんどのフィリピン人がバイリンガルもしくはそれ以上の言語を話します。
日本語は特に必要性の高い言語ではないため、自分から望んで勉強している人でない限りは、話せません。
外国人の日本語能力を測るには、「日本語能力試験」と呼ばれるものが指標になっていますが、フィリピンはアジア諸国の中でもかなりレベルが低く、最高レベルである「N1」の受験者数はアジアでわずか4%の分布です。
それほど、フィリピンでは日本語が必要ではないし、学ぶ意欲のある人も少ないのです。
そうなると、私たち日本人が英語もしくはフィリピン語を勉強する必要があります。
もちろん、日本で勉強していくこともできますし、今はセブを中心にフィリピン留学も大人気ですよね。
もしくは、一時的な訪問であれば通訳を雇うという方法もあります。
特に日本人でフィリピン不動産やビジネスに興味があり、現地を視察する際に通訳を雇う人は非常に多いです。
フィリピンは、近年は経済発展が進み近代化しているものの、まだ治安の良い国ではありません。
そのため、言葉が通じないだけで詐欺に遭ったり、トラブルに巻き込まれやすくなります。
日本人はお金を持っているというイメージもあるため、特に狙われやすいです。
ですので、英語に自信がない人は、最初は通訳を雇ったほうが絶対に安心だと思います。
E-PLUSというエージェントでは、フィリピンの視察ツアーを行なっているだけでなく、日本語のアテンドもつけてくれます。
フィリピン人通訳なら現地のことにも精通していますし、通訳としてだけでなくガイドとしても働いてくれます。
E-PLUSの視察ツアーでは、不動産を見るだけでなく、実際にコンドミニアムに宿泊したり、観光地を見て回ることができます。
カジノやナイトレジャーなど、フィリピンでしか味わえないスポットにも連れていってくれますよ。
やっぱりそこは日本語で案内があったほうが助かりますよね。
また、いざ不動産について詳しく知りたい、もしくは購入したいとなった場合、日本語での説明は不可欠になると思います。
ビザ取得や銀行口座を作るなど、英語ができないと困ることも多いですが、その際の通訳もお願いできます。
フィリピン不動産に興味はあるけど、英語を勉強している時間がない!という人は、ぜひ利用してみてください。
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE