フィリピン政府の腐敗は改善されるか?

フィリピンの経済が順調であることは火を見るよりも明らかですが、政情はというと、まだまだ信頼を獲得しきれていない部分があります。
というのも、ドゥテルテ大統領率いるフィリピン政権は、長年続いてきた汚職や腐敗の問題を撤廃できずにいるのです。

それどころか、ドゥテルテ大統領が舵を取ってから、その腐敗は悪化しているとも言われています。
トランスペアレンシー・インターナショナルが発表した2017年の「腐敗認識指数」ランキングによれば、フィリピンは180カ国中114位で、これは2016年から13ランクも下がっています。
ランクは毎年落ちており、アジア地域の中ではパキスタンと並んでかなり低くなっています。
ちなみに汚職や腐敗がほぼないと言われているのは、ニュージーランドとシンガポールだそうです。

こういった結果には古いデータも採用されており、すべてがドゥテルテ大統領の責任というわけではありません。
前大統領の影響も大きいと言えます。
事実、ドゥテルテ大統領は汚職根絶を表明しており、今後改善されて行く可能性もあります。

しかし、麻薬撲滅を掲げる一方で、その麻薬犯罪に本人の一族が関わっていた事件などもあり、国民の政府への信頼を確固たるものにするには、まだ時間がかかりそうです。

今回発表されたもの以外の調査では、ドゥテルテ氏が大統領に就任して以降、フィリピン経済が成長していることを示しています。
世界銀行が発表した「世界経済見通し」では、フィリピンの2017年の推定成長率は世界で10位だったのです。

また、国民も経済の改善を肌で感じているようで、「自国の経済は好調」と考える人が2016年は26%だったのに対し28%に増えました。
少しずつではありますが、生活も豊かになりつつあるようです。

私たち日本人にとっては、投資先として、新しいビジネスを展開させる場所として、そしてリタイア後の移住先として、今後も注目したい国です。
現在のような問題を抱えたままでは、やはり不安が残ります。
経済がこのまま成長し続け、政治的な内情が改められれば、さらなる発展が見込めるでしょう。
ドゥテルテ大統領の実行力に期待したいところです。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら