日本の企業もフィリピン不動産に注目している

近年、不動産投資の対象として熱が注がれている国、それがフィリピンです。
海外不動産の中では今最もチャンスの大きい国と言われています。

フィリピン不動産の魅力は、なんと言っても、安価でハイクオリティであること。
メトロマニラの一等地でコンドミニアムを購入しようと思っても、1,000万円程度から見つけることができます。
日本の東京では絶対に考えられない価格です。

今日本は人口の減少、経済低迷の最中にいます。
将来を見越して海外移住を考えている人も多いですが、フィリピンならそれほど多額な貯金がなくても、家を購入して自由に暮らすことができます。
もちろん、日本にいながら家賃収入を得ることも可能です。
フィリピンは日本とは逆に人口が増え続けていますので、マンション経営をしても稼働率が高く、安心して資産運用できますよ。

そんなフィリピンに、日本の企業も不動産投資を始めています。
言わずと知れた不動産のリーディングカンパニー、三井不動産がその1つです。
三井不動産は、フィリピンの財閥系不動産会社ロックウェル・ランドと提携して、ケソン市に高層コンドミニアムを建設することに。

ケソン市はフィリピンではいわゆる高級住宅街です。
住んでいるのはみんな富裕層で、東京の「広尾」といったところでしょうか。
オフィスビルも存在していますが、大学や国会議員の家などが多く、静かで落ち着いた雰囲気の都市です。
マカティやグローバルシティは完全にビジネス街で、東京で言う銀座や六本木、新宿といった具合です。

ちなみにケソン市にはすでに丸紅が進出しており、高級コンドミニアムを建設しています。
フィリピンの富裕層はもちろんのこと、海外からの駐在員が住む住居として稼働しています。

そのクオリティたるや、東京の高級マンションを上回る勢いです。
なんたって、クッキングスタジオや図書館、映画館、プールなどをアメニティとして持っているのですから。

住んでいるのはファミリーが多く、子育ての環境を良くしたいという思いを持つ家庭がターゲットとなっているようです。

今回、三井不動産が参入したことで、日本の不動産企業が今後もっと増えていくだろうと予想されます。
フィリピン在住の日本人にとっても、日系企業が手がけた住宅なら安心できますよね。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら