フィリピンメイドの上手な雇い方

フィリピンで家政婦を雇うのはとても一般的で、特にお金持ちでなくても住み込みのメイドがいる家庭がたくさんあります。
これは何と言ってもフィリピンの人件費が安いためです。
日本ではイメージしづらいかもしれませんが、家事と育児で二人のメイドを雇っている家庭も多いです。
日本人も、フィリピンへ移住すると多くの人がメイドを雇います。
最初は家に他人が入ってくるようで抵抗があるかもしれませんが、一度体験すると家事を全部やってくれるのは本当に楽だと分かります。
給料は、マニラと郊外では相場が違っています。
基本的に派遣会社を介すると給料も高くなります。
日本人はフィリピン人からするとかなりお金持ちですので、給料も高く期待されることが多いです。
良い仕事をしてくれたと思ったら、たまにお小遣いをあげても良いでしょう。
一緒にご飯に連れていったり、プレゼントをあげたりしても良いです。
メイドは会社勤めには該当しないので、給料は雇う側が決められます。
最低賃金の規定を守る必要性は特にありません。
マニラだとだいたい月5,000ペソ程度が相場です。
もっと渡したければ高くしても良いと思います。
ただしこれより低いと嫌がられます。
住み込みの場合は、部屋、食事、風呂などを使わせることも考慮して、給料を決めると良いでしょう。
通いの場合は別途交通費を渡します。
メイドには当たり外れがあります。
実際、仕事がちゃんと出来て相性の良いメイドを見つけるのは、簡単ではありません。
何人も雇っては失敗し、自分に合うメイドを探すことになります。
やってほしいこと、やって欲しくないことは、最初に明確にし、何か問題があったらその都度注意しなければいけません。
これが面倒でメイドを諦める人もいるようです。
良いメイドを見つけたら、ある程度の給料を上乗せして、モチベーションを上げさせたほうが得策だと思います。
お金をケチると、物を盗まれたり、サボったりなど、結局は雇う側の損になります。
また、人間同士のやりとりですので、たとえ雇用する立場であっても、笑顔で優しく接するほうが良い関係が築けるのは間違いありません。
うまくバランスをとりながら利用しましょう。
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE