フィリピンのタクシーは英語通じるの?


フィリピンの公用語といえば、タガログ語というイメージが強いと思います。
実際、現地人同士での会話はほとんどタガログ語です。
また、フィリピンでは実に172に及ぶ言語が話されており、少数民族を入れると非常に多種多様となっています。

そんなフィリピンへ旅行する際の主な移動手段となるタクシーですが、英語が概ね通じますので心配いりません。
フィリピンは小学校から英語で教科学習させるシステムとなっており、多くの人が母国語+英語を操っています。
地方の小さな村などは置いておいて、マニラなど首都圏ではまず英語が使えれば問題なく過ごせるでしょう。

ただし、英語が通じる=常に安心というわけではありません。
フィリピンのタクシー運転手はぼったくりが多いことで有名です。
ましてや日本人が片言の英語で話し、現地の土地勘もないと分かれば、間違いなく高い金額で交渉してくるでしょう。
あらかじめ、メーターを使うようにお願いするのを忘れないでください。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら