セブ留学に行く際の服装について

フィリピンといえば常夏の国というイメージが強いですよね。
セブに留学する際も、Tシャツで大丈夫なのかな?という気がしますが、実際のところ気温はどうなっているのでしょうか。
現地に着いてから困らないように、セブの基本的な気候について知っておきましょう。

平均気温は、1年を通して25℃〜30℃といったところで、日本のようにひどく蒸し暑いわけではありません。
最高気温に関しても35℃以上に達するようなことはほとんどなく、むしろ日本の関東に比べれば快適と言えます。
基本的に外でTシャツ1枚で問題ないでしょう。

ただし、フィリピンは屋内に関してはものすごい冷房が効いています。
ホテル、レストラン、ショッピングモールはもちろん、タクシーの中も同様です。
そのため、やはりカーディガンなどの羽織りものはいつも持っていたほうが良いでしょう。
外気との気温差が大きすぎるため、風邪をひく留学生も多いです。

また、8〜10月は雨季で、毎日雨が降ります。
フィリピンでは例年大雨による洪水の被害が出ているので要注意です。
傘はもちろん、カッパなどもあると便利だと思います。
もしくはこの時期を避けて行くほうが良いかもしれません。

いずれにしても、基本的には暖かい地域ですので、コートやマフラーなどの分厚い衣類が一切要らないのは嬉しいですね。
軽い荷物でサクッと行けてしまうのも、セブ留学の魅力のひとつだと思います。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら