フィリピンのクレジットカード事情

フィリピンといえば経済成長が目覚ましくどんどん都会化が進んでいるイメージですが、クレジットカードはどのくらい普及しているのでしょうか。
日本人は1人1枚以上必ず持っていますし、海外旅行などへ出かける際はとても便利です。
しかしフィリピンは、急速な発展を遂げている最中といえども、ちょっと事情が違うようです。

日本のクレジットカード普及率はなんと205%。
2〜3枚持っているのは普通のことですし、日本中ほぼどこへ行っても使えます。

一方フィリピンでの普及率は8.3%。
貧困層が75%を占めるフィリピンで、クレジットカードを持っているのは一部の富裕層だけです。
そして、マニラやケソンなどの大都市の中にあるホテルやショッピングモールなどでしか使えません。
特にカフェやバーでは受け付けてもらえない場合がほとんどです。

ブランドも、MasterCard、VISAカード、JCBカード、アメックスカード、ダイナースクラブカードなど各会社のものが使えますが、店舗によって使えないものもあります。
また、同じショッピングモール内でも、使える店舗と使えない店舗があったりします。

もし複数枚の異なった会社のカードを持っているなら、オプションとして何枚か用意しておいたほうが便利だと思います。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら