フィリピンのトイレってどんなもの?


日本は世界で一番トイレが綺麗なことで有名ですが、フィリピンのトイレはどのようなものなのでしょうか。
東南アジアといえば、水洗じゃなかったり、紙がなかったり、そもそもどうやって用を足すのか分からないようなものもありますよね。

フィリピンでは一般的に、いわゆる普通の洋式トイレとなっています。
ただ、水が流れにくい場所や、紙がない場所はやはり存在します。
日本人が行くなら、ポケットティッシュは常に持っていたほうが良いでしょう。

流れないトイレでは、無理やり紙を流そうとしてはいけません。
詰まって大変なことになります。
ゴミ箱に紙を捨てましょう。

また、便器はあるのに便座がないということもよくあります。

腰を浮かせたまま用を足すしかなさそうですが、なぜ便器がないのかというと、盗まれてしまうからだそうです。
日本人からすれば、なぜそんなものを盗もうとするのか謎ですよね^^;

ただ、ホテルやショッピングモールなどの施設には、便座もトイレットペーパーもありますので安心してください。
ちょっと田舎の方へ行ったり、現地人の家でトイレを使う際には、日本と同じようなトイレではないことも多々あるので要注意です。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら