フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

パーティーの主役!インパクト大のフィリピンの伝統料理「レチョン」


 

フィリピンの伝統料理の一つである「レチョン」は豚の丸焼きのことを指し、フィリピンの誕生日パーティーやクリスマスパーティーなどのお祝いの席には必ずと言っていいほど家庭のテーブルに並びます。豚の丸焼きを普段目にする機会のない日本人からすると衝撃的なビジュアルですが、カリッとした皮とジューシーなお肉が絶品です。

 

お祝いの場では欠かせないフィリピン料理


レチョンの正式名称は「レチョンバボイ」といい、フィリピンのお祭りやイベント、パーティーで必ず振る舞われます。レチョンは子豚の内臓を取り出した後、お腹にスパイスや香草を詰めて丸ごと一匹じっくりと炭火で焼き上げるというシンプルな作り方。レチョン1匹の値段は、普通サイズで6,000ペソ〜7,000ペソと日本円で14,000円前後ほど。国民平均月給が約2万ペソ(約4万円)のフィリピンでは、レチョンは決して安い買い物ではありません。誕生日パーティーやクリスマスパーティーなど大勢の人が集まるパーティーでは、外注した一匹のレチョンがテーブルの中央に置かれ、大人数で集まって食べます。


フィリピンのレストランでレチョンを味わう


レストランでレチョンを食べる場合、お店の人が食べやすいようにカットしてくれます。基本的にお箸で食べますが、レストランによっては手袋を使って手で食べることもあります。現地の食べ方を楽しみたい方は手掴みで食べるお店を選ぶことをおすすめします。レチョンはそのまま食べるのはもちろん、酢醤油につけて食べても美味しく食べられます。お酒のお供にぴったりで、フィリピンではガーリックライスやココナッツの葉に巻かれたおむすび型のご飯プソと一緒に食べるのが一般的です。


地元の伝統料理を味わう


地元の食材や伝統料理を味わうことは、旅行の醍醐味の一つです。特にセブ島のレチョンは美味しいと世界各国でも言われているほど。フィリピンに訪れたら、ぜひ一度伝統料理の一つであるレチョンを食べてみてください。地元の人々が利用するレストランや屋台の食べ物は、衛生面で安全とは言えないため、まずは観光地のショッピングモールで、安全にローカルフードを楽しむこをおすすめします。



        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!