フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンで安くて美味しいビールを楽しもう!


世界各国にはさまざまなビールがありますが、フィリピンのビールもまたファンが多くなっています。
 
常夏の島国フィリピンでキンキンに冷えたビールを飲むのは最高です。
 
今回は、フィリピンのビールの銘柄や美味しい飲み方などをご紹介します。
 
 

■フィリピンはビールが安い!

フィリピンはビールが安いです。
 
レストランで飲んでも1本60〜100ペソ(約120〜200円)、スーパーやコンビニで買えばなんと30ペソ(約60円)という安さです。
 
日本で水を買うより安いなんて、ビール好きにはまさに天国。
 
毎日飲みたい方でも、気兼ねなく買えちゃいますね。
 
事実、日本人旅行者でも水の代わりについついビールを買っちゃうなんて人も多いようです。
 
 

■フィリピンのビールといえばサンミゲル

フィリピンのビールといえば、「サンミゲル」が有名です。
 
というか、国内のシェアの90%以上がサンミゲルなのです。
 
フレーバーがいろいろあり、アルコール度数は3%〜7%となっています。
 
あっさりとした薄味で、喉ごし爽やかなのが特徴ですが、意外とアルコール度数は高いので、飲みすぎには注意です。
 
 

■ビールなのに氷を入れる?!

フィリピンでみんなでお酒を飲もう!となった際に日本人が驚くのは、フィリピンではビールに氷を入れるということ。
 
どうやらあまり冷えていない状態で保管されていることが多いようで、冷やして飲むために氷を入れるんですね。
 
レストランでも日本のようにジョッキやグラスで出されることはなく、瓶と氷の入ったグラスが提供されます。
 
氷なんて入れたら薄くなっちゃうんじゃないの?と思うかもしれませんが、飲んでみるとこれが意外と美味しく、時間が経ってもぬるくならないのでずっとキンキンが楽しめるんです。
 
また、ビールが苦手な人でも、薄くなるので飲みやすいと感じるみたい。
 
日本に帰ってからも、ビールに氷入れちゃおうかな・・と思うほど、ハマる人が多いです。
 
 

■飲む時に気をつけたいこと

フィリピンではビールに限らず、ボトルの飲み物を飲む時には飲み口を綺麗に拭かないといけません。
 
保存されている場所が埃だらけで、飲み口にもいっぱいゴミやら雑菌が付着してしまっているのです。
 
飲みに行く際にはアルコールティッシュなどを持って行って、飲み口を消毒してから飲みましょう。
 
これは地元フィリピン人もみんなやっていることです。
 
間違えてそのまま口をつけるとお腹を壊してしまうことがあります。
 
 

■おすすめのフレーバー

サンミゲルには様々なフレーバーがありますが、特に人気なのは以下です。
 
■サンミゲルライト
フィリピンのビール代表とも言うべきスタンダードなフレーバー。
 
「ライト」という名前だけあって軽くてさらっとしているのが特徴です。
 
ビールの苦味が苦手・・という方でも飲みやすくなっています。
 
ただ、味はさっぱり系でもアルコール度数は5%と普通のビール並みです。
 
■サンミゲルレモン
より爽やかさを求める方はこちら。
 
ライトに続いてかなり人気のレモンフレーバーです。
 
苦味が少なく女性にも人気で、アルコール度数も3%と軽め。
 
疲れた時や喉が渇いた時にグビグビ飲みたい強めの炭酸です。
 
■サンミゲルアップル
甘いお酒が好きな方におすすめなのが、アップルフレーバー。
 
ビールっぽさがあまりなく、カクテルのようなリンゴ風味が特徴です。
 
こちらもアルコール度数は3%と軽めなので飲みやすくなっています。
 
逆にビール好きにはジュースのように感じてしまう味です。
 
■サンミゲルピルセン
濃くて苦いのが好き!という方はこちらを選びましょう。
 
ピルセンはサンミゲルの中でも濃厚な味わいが特徴で、本当にビールが好きな方におすすめです。
 
アルコール度数も5%と通常のビールと同じです。
 
■レッドホース
とにかく強いお酒を好む方はこちら。
 
さっぱりとした味にも関わらず、アルコール度数は7%もあり、普通の感覚で飲んでいるとあっという間に酔っ払います。
 
味は、軽すぎず濃すぎずバランスの良い感じです。
 
安く酔えるので地元フィリピン人には最も人気なようです。
 
飲みすぎると二日酔いを起こすので、ほどほどにしましょう。
 
 

■日本には持って帰れる?

安くて美味しいフィリピンのビールを是非とも日本に持って帰りたい!という人も多いはず。
 
しかしながら、フィリピンから日本へ持ち込めるビールは2本までと案外少ないです。
 
手荷物ではNGなので、漏れないようにしっかり梱包してスーツケースに入れてください。
 
なお、値段はフィリピンより格段に高くなりますが、サンミゲルは日本の酒屋さんやネットでも買うことができます。
 
 

■ほどほどの量を楽しんで!

フィリピンのビールについてご紹介しました!
 
安くて美味しいので飲みすぎには注意してくださいね。
 
フィリピンのバーやレストランは音楽の生演奏を行なっているところも多く、ノリノリになってついたくさんビールをオーダーしてしまうこともあります。
 
しかし、酔って思考能力が低下するとその間に盗難に遭うこともあります。
 
また、次の日にアルコールが残るとせっかくの旅も具合が悪い・・ということになりかねません。
 
ビールに合う美味しいフィリピン料理とともに、ほどほどの量を楽しんでくださいね。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら