フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンでスリに遭いやすい場所とは?


治安が悪いことで知られるフィリピン。

日本人が最も被害に遭っている犯罪は、ずばりスリです。

フィリピンで財布やiPhoneを盗られた人は数知れず。

自分だけは大丈夫、と思っていると危ないです。

今回は、フィリピンで特にスリに遭いやすい場所や状況をご紹介します。

これを知っておくだけでも、回避しやすくなるはずです!

 

■ストリートチルドレンが多い場所

これは想像に難くないと思いますが、ストリートチルドレンがたくさんいる場所はすられやすいです。

彼らが集団で近づいてきて揉みくちゃにされたら、もうポケットの中身はなくなると思って良いでしょう。

スマホや財布は簡単に抜き取る、もはや「プロ」ですので、まずそもそもポケットに貴重品を入れておくのがNGです。

どこであっても、金銭はカバンに入れて、前に抱える!

これが基本です。

服のポケットに子供の小さな手が入ってきても、本当に気がつかないものです。

 

■ジープニーの中

フィリピン人のローカルな乗り物として愛されているジープニー。

タクシーよりも利用料金が安いので、フィリピンに慣れている人は日本人でも利用している人はたくさんいます。

しかし、ジープニーの中もまた、スリが多発する場所です。

混んでいる時は特に注意で、やはりポケットの中や後ろに背負っているカバンからは簡単に財布を盗られます。

ファスナーが閉まっていたって関係ありません。

そんなもの簡単に開ける術を彼らは持っています。

やはり荷物は前に抱えて、どこからも開けられない体勢を取るのが基本です。

また、ジープニーが停車している時に、道路を歩いている人が車内へ手を伸ばし、盗れそうなものをひったくることがあります。

ジープニーには窓がないのでこういった犯罪も可能ですし、いざ盗られたら車の外なので捕まえることも出来ません。

ネックレスなどのアクセサリー類は簡単に引きちぎられて持って行かれますので、宝飾品もフィリピンでは身につけないことです。

 

■ローカルなマーケット

フィリピンにはローカルな人たちが買い物するマーケットがたくさんあります。

野菜や魚などの食品はもちろん、激安のTシャツや靴、手作り民芸品なんかもあり、ついつい目の前のものに夢中になっていることもあるでしょう。

しかし、こういったマーケットもまた、スリの温床です。

東南アジア独特の雰囲気あふれる市場を珍しがって、iPhoneで写真撮影なんぞしていたら、いつひったくられるか分かりません。

写真を撮るなとは言いませんが、ストラップを付けるなど対策をしましょう。

事実、マーケットには盗品と思われるiPhoneがたくさん売られているんです。

また、現金をたくさん持っているところ見られるとターゲットになりやすいので、マーケットではせいぜい1,000ペソ程度にとどめて持っていくのが無難です。

 

■ショッピングモールの中

フィリピンには数多くのショッピングモールがあり、どこも犯罪なんて起こりそうもないくらい綺麗です。

ですが、ぼーっとしているとやはり盗難に遭います。

フードコートで食事をしていて、横の椅子に置いておいた荷物がなくなっていた、なんて事例も非常に多いです。

どんなに近代的な場所であっても、常にスリはいると思って行動しましょう。

荷物からは何があっても目を離さず、できればショルダーの紐はかけたままにするなど、身につけておくことをおすすめします。

 

■歓楽街・繁華街

マニラならマラテ、セブならコロンストリートなど、フィリピンにはバーやクラブが集まる繁華街があります。

もちろんこういったエリアで飲むのは楽しいものですが、犯罪者が大好きな場所でもあるので要注意です。

特に酔っ払ってフラフラ歩いていたりすると、カバンを無理やりひったくられることもあります。

身につけていたとしても、カッターで切って中身を盗るなんていう荒業を使ってくる場合もあるので、出来ればこういった場所は1人で歩かない方が良いです。

また、繁華街には武器で脅して金銭を出させる「ホールドアップ」も起こっています。

こうなってしまったらもうお金を渡すしかありません。

やはり大金は持ち歩かないことが重要です。

さらに、歓楽街には売春婦もいます。

買春は犯罪ですし病気をうつされることもあるので絶対にオススメしませんが、いざホテルに入ると金銭を盗まれて逃げられる、なんてこともあるのです。

マラテやコロンストリートへ遊びに行く時は、出来れば慣れた現地フィリピン人と一緒に、健全なKTVなどで楽しく飲む程度にとどめるのが良いでしょう。

 

■メトロの中

日本人がフィリピンで移動する時は主にタクシーを使う人が多いですが、時にはメトロに乗ることもあるかもしれません。

常に人が溢れかえり、ぎゅうぎゅう詰めのメトロは、スリが多発しやすいです。

日本の電車とは違いますので、間違ってカバンが開いていたり、ポケットに財布を入れていたりすれば、ほぼ100%の確率で盗られるでしょう。

 

■フィリピンはどこにいても狙われることがある!

いかがですか?

ここでは特に狙われやすい場所や状況についてお伝えしましたが、基本的にフィリピンにいる間は、

・荷物は前に抱える!

・ポケットに貴重品を入れない!

これを絶対に守りましょう。

当たり前のことに聞こえますが、ほとんどのスリ被害は、このどちらかが欠いていた状態で起こっています。

せっかくの旅行も、お金やスマホを盗まれたら楽しめなくなってしまいますよね。

非常に簡単なことなので、安全な旅ができるようにしっかり自分で対策しましょう。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら