フィリピンのカジノは危険?治安は大丈夫?


フィリピンには「治安が悪い」というイメージを持っている人が多いかもしれません。

事実、首都マニラの治安はお世辞にも良いとは言えず、スリや強盗などの軽犯罪はもちろんのこと、殺人事件も頻繁に起こっています。

現在はドゥテルテ大統領による麻薬撲滅計画で、犯罪者のみならず関係のない一般市民も殺されているとして、問題視されています。

 

そんな、ちょっと危ないフィリピンでは今、カジノ産業が非常にさかんです。

日本にはカジノがないので、わざわざフィリピンへ行ってカジノを楽しむ人もいます。

ただ、治安面に不安を持っている人は、カジノも危ないと考えるかもしれませんね。

一般的に、賭博をする場所というのはあまりクリーンなイメージはないかと思います。

実際のところはどうなのでしょうか?

 

<フィリピンのカジノは安全なのか?>

マニラやセブなどの大都市においては、エリアによっては危険な場所もあるのは事実。

しかし、カジノに関してはそこまで心配する必要がない、というのが結論です。

カジノはだいたいどこも高級ホテルに併設されており、基本的には富裕層の地元民やお金持ちの外国人しかいません。

セキュリティもしっかりしており、浮浪者などは簡単には入ってこれないのです。

高級ホテルになればなるほど、ガードは厳しくなっています。

そういった意味では、道を歩いているよりもカジノにいた方が全然安全です。

 

<軽犯罪は起こっている>

ただし、安全と言っても自分の荷物から目を離すようなことはやはり避けるべきです。

カジノ内であっても、スリなどの軽犯罪は起きています。

目の前のゲームに夢中になっている間に、カバンや財布を盗られることがあるのです。

フィリピンでカジノ入るためにはパスポートの提示を求められることがあるので持参すべきですが、入場してからもそういった貴重品の管理には気をつけなければなりません。

常に荷物は自分の手元に置いて目を離さないこと、財布やスマホなどを抜き取りやすいお尻のポケットなどに入れておかないことが大事です。

 

<知らない人とは出来るだけ話さない>

カジノ内に限ったことではないですが、フィリピンではいきなり馴れ馴れしく話しかけてくる人がいます。

時には流暢な日本語を話す人もいるので、ついつい相手になってしまう日本人も多いです。

しかし、中には日本人を詐欺にかけてお金をだまし取ろうと考えているフィリピン人もたくさんいます。

実際、こういったケースで金銭を騙し取られている人たちは後を絶ちません。

「一緒に飲みに行かないか」などと誘われて飲んでいるうちに睡眠薬をもられ、眠っている間に現金もクレジットカードも全部盗られる、という「睡眠薬強盗」は、多くの日本人被害者が出ている流行りの犯罪の1つです。

フレンドリーに見える人ほど怪しいので、とにかく知らない人に話しかけられても無視するのが一番です。

最初は抵抗があるかもしれませんが、だんだん慣れてきます。

また、こういった手口で近づいてくるのはフィリピン人だけではありません。

最近は日本人もフィリピン人とグルになって犯罪を働いている場合が多々あります。

たとえ相手が日本人であっても、やはり簡単には信用しないことが大事です。

 

<過去にあった銃撃・放火事件>

基本的には安全なフィリピンのカジノですが、2017年6月に一度、発砲・砲火事件が起きました。

場所は、首都マニラにあるリゾートホテルに併設したカジノ「リゾート・ワールド・マニラ」です。

深夜に男が押し入り、銃を発砲して放火。

36人が命を落とすという痛ましい事件でした。

どうやら日本人の被害者はいなかったようですが、犯人も焼身自殺しており、フィリピン国内のみならず海外のメディアでも報道される大きなニュースとなりました。

現在は施設は綺麗に修繕され、普通通りに営業しています。

このニュースだけを聞くと、やっぱりカジノって怖いところなのかも・・と感じてしまうかもしれませんが、フィリピンは銃が合法の社会なので、銃撃事件はどこであろうと起こり得ます。

相当不運でない限り、このような事件に巻き込まれる可能性はそうそう高くはないでしょう。

 

<初心者でも気軽に楽しめるカジノ>

フィリピンのカジノは年齢制限(男性21歳以上、女性18歳以上)こそあるものの、基本的には入場に関する規制も緩く、誰でも気軽に入れるのが魅力です。

何しろ、Tシャツにハーフパンツで入場OKで、ドレスコードはありません。

ラスベガスなどでは正装でなければならないカジノも存在しますが、フィリピンはさすが南国といった感じで、服装なラフで良いのです。

ただし、セキュリティ上の理由から帽子を被って入ることはできないようです。

どこも煌びやかでゴージャスな内装となっており、日本では決して味わえない非日常を体験できます。

にも関わらず、ミニマムベットはなんと200円から!

カジノへ行くにはある程度まとまった資金が必要だと考える人も多いようですが、フィリピンのカジノではほんの少しのお金で遊ぶことが可能です。

カジノ初心者の人も気軽にチャレンジできるのが嬉しいですね。

また、多くの施設でアルコールを含むドリンクが飲み放題です。

マニラ、セブのカジノには以下の施設があります。

どこも24時間営業です。

マニラ:

■オカダ・マニラ
日本人が経営するフィリピン最大級の巨大カジノ総合リゾート

■シティ・オブ・ドリームズ・マニラ
吹き抜け2フロアに圧倒的な台数のゲーム機を揃える大規模カジノ

■ソレア・リゾート&カジノ
2013年にエンターテイメントシティにオープンしたローカル色の強いカジノリゾート

■リゾーツ・ワールド・マニラ
ニノイ・アキノ国際空港第3ターミナルの前にあるカジノ

セブ:

■ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノ
セブのビジネス街ITパークの目の前にある好ロケーションのカジノ

■クラウン・リージェンシー・ホテル&タワーズ
セブ市内で最も高い高層ホテルリゾートにあるカジノ

■ウォーターフロント・エアポートホテル&カジノ・マクタン
セブの玄関口マクタン国際空港に隣接したホテルにあるカジノ

 

<一番危険なのは・・・>

フィリピンのカジノの治安や危険度についてお伝えしてきましたが、最も気をつけたいのはお金の使いすぎかもしれません。

カジノはあくまでもギャンブルですので、負けることもあります。

多額のお金をつぎ込んで失う人もたくさんいる世界です。

せっかくフィリピンに旅行に行っても、財産を失って終わるのはちょっと悲しすぎます。

カジノで遊ぶ際は最初に予算を決めて、それ以上はお金を使わないなど、自分なりのルールを決めた方が良いでしょう。

儲けよう!というよりも、お金を使って遊んでみよう!というくらいの気持ちがちょうど良いかもしれません。

お金の使いすぎと手荷物の管理さえ気をつけていれば、カジノは純粋に楽しいですし、雰囲気もゴージャスでセレブ気分に浸れます。

空港に隣接している施設が多いので、帰国前の空き時間にプレイする人が多いようです。

ぜひ、友達や家族と、恋人と、もちろん一人でも、フィリピンのカジノを体験してみてくださいね。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら