フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンの消費税っていくら?税金は高い?


物価が安いことで知られているフィリピンですが、税金については実はあまりよく知らない人が多いのではないでしょうか?

日本も消費税がだんだん上がってきていますが、フィリピンもそこそこ高いです。

 

<付加価値税12%>

フィリピンでは「付加価値税」と呼ばれている税金が、いわゆる消費税にあたります。

企業などの法人や事業主が納めるものではなく、個人の消費者が納めるものです。

付加価値税は、食料品も含め12%です。

これは、所得の低いフィリピン人にとってはかなり重いものと言えるでしょう。

 

<内税である>

日本も税込表示を義務付けていたかと思いますが、お店によってはどちらなのかよく分からないところも多いですよね。

フィリピンでも内税となっていて、表示価格はすべて税込です。

旅行者や留学生にとっては分かりやすく、税込でも安い!と感じるかもしれませんね。

払った金額のうち、いくらが税金だったのか知りたい時は、レシートをチェックしてみましょう。

商品価格のほかに「VAT」と表記のあるものがあるはず。

それが付加価値税です。

12%も引いたものが本体価格かと思うと、フィリピンのモノというのはどれだけ安いのかとびっくりします。

 

<百分率税>

フィリピンには付加価値税の他に、「百分率税」というものがあります。

これは、業種ごとに定められている売上税の一種のこと。

たとえばフィリピンでは、水道代やガス代には消費税ではなく百分率税2%がかかっています。

海外通信費には10%、競馬には4%などなど、業種によって税率が異なっています。

銀行や保険など、物品ではないものにかかっています。

 

<物品税>

付加価値税、百分率税のほかのもう1つ、「物品税」というのも存在します。

物品税がかかるのは、お酒、タバコ、宝石、香水、自動車、化粧水などの、いわゆる贅沢品です。

タバコには6%、お酒には8%といったように、物品によって税率が異なります。

さらに、贅沢品に関しては物品税のほかに付加価値税もかかります。

つまり、タバコなら物品税6%+付加価値税12%で合計18%の税金が課せられるということです。

生活に必要じゃないものからは、とことん税金を巻き上げるというスタイルですね(笑)

 

<個人所得税>

個人所得税は、フィリピン居住者はもちろん、非居住者、外国人にも発生します。

累進課税によって計算されるため、多く稼いでいる人ほど払うパーセンテージが高くなります。

源泉所得10,000ペソ以下なら5%ですが、その後段階的に10%、15%、20%・・と大きくなっていき、最大で32%です。

外国人で非居住者であっても、フィリピンの滞在日数が180日を超える場合には、個人所得税が発生します。

また、滞在日数が180日以下であっても、フィリピン源泉の所得がある場合は最大25%の個人所得税がかかります。

さらに、地域や業種によってもパーセンテージが異なります。

個人所得税に関しては複雑な仕組みになっているので、もしもフィリピンで働くことがあればその時に詳しく雇い主に聞いてみましょう。

 

■変更の可能性もある

フィリピンの個人の税金システムについてご紹介しました。

旅行や留学などの滞在で関わってくるのは「付加価値税」と「物品税」になるかと思います。

税率や課税対象の物品については、今後変更があるかもしれませんので、常々ご自身でもチェックしてみてくださいね。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら