セブ旅行には何泊がおすすめ?


海外旅行に行くときって、何泊すればいいのか迷ってしまいますよね。

フィリピンは特に7,000以上も島がある国で、場所によってまったく雰囲気も違うので、観光できそうなところは無限にある気がしてしまいます。

ただ、まずは定番のセブから行ってみようという人は、最大でも5日間ほどあれば十分かと思います。

今回は、目的別に合わせたセブのベストな滞在期間と過ごし方についてご紹介したいと思います!

 

<気軽にリゾート&癒しを満喫するなら>

とりあえず、ちょっと日常から離れてビーチでのんびりリゾート気分を味わいたい!という方は、サクッと2泊3日くらいの滞在がおすすめです♪

セブのマクタン島には、絵に描いたようなリゾートエリアがあります。

ビーチでのんびりするくらいなら、そんなに長い日程は要りません。

なんたって、日本からセブはたった5時間ほどのフライトです(関空からなら4時間半)。

時差もほとんどないので、その日に到着してゆっくり滞在できるのが嬉しいですよね。

仕事の都合などでなかなか長期休みが取れない方も、セブなら気軽に来れちゃいます!

 

<海でマリンアクティビティを思いっきり楽しみたいなら>

セブの最大の魅力は、数々のマリンスポーツ。

シュノーケリング、スキューバダイビングはもちろんのこと、アイランドホッピングやウインドサーフィンなどなど、ありとあらゆるマリンアクティビティが心ゆくまで楽しめます。

もしもこういったマリンスポーツだけを目的にするなら、そんなに長い日程は要りません。

2、3泊もすれば十分です。

ただし、セブだけでなく離島まで行って・・となると、もう少し長い日程があると余裕を持って楽しめると思います。

 

<ビーチリゾート&市内観光なら>

ビーチももちろん満喫したいし、市内観光でセブの歴史に触れたり、買い物もしたい!という方は3泊4日くらいがおすすめです。

1日目はビーチ、2日目はセブシティ観光、3日目はショッピング、4日目はスパ&マッサージ・・といったコースなど、一通り遊べます。

セブって実は歴史的建造物や教会などのキリスト教関連の観光スポットといった、海以外の見どころもたくさんあるんです。

どれも楽しみたいけど動き続けるのがちょっと・・・という方は1日余裕を持って4泊5日もありですね♪

 

<ハネムーンなら>

ハネムーンにもおすすめのセブリゾート。

新婚旅行を決める時って、予算や期間でちょっと揉めがちですよね。

けど、セブならその両方を一気に解決できます!

ハワイなど他の諸外国へのハネムーンと比較すると安く済むので、それほど予算がない二人にもおすすめなんです♪

お仕事の都合で二人揃ってなかなか長期休みが取れない場合も、セブならフライト5時間と近いので、ハードルが低いと思います。

のんびりビーチで過ごしたり、ホテルでゆっくりするなら3泊4日ほどでも十分ですよ♪

もしも離島まで行って非日常が味わえる高級ヴィラなどに泊まりたいなら、セブに戻ってくる時間なども必要なので、5日以上の余裕を持ったプランが良いでしょう。

 

<セブ以外の離島も行きたいなら>

セブからはいろんな離島へ行くことができます。

日帰りで「アイランドホッピング」(離島を次々とボートで移動しながらシュノーケリングなどを楽しむアクティビティ)をするなら、日程は2泊3日程度でも大丈夫です。

セブから3時間ほどのところにあるオスロブという場所では、ジンベエザメと一緒に泳げるシュノーケリングツアーが人気となっています。

こちらも、日帰りで行くことができます。

また、世界最小のメガネザル「サーシャ」がいるボホール島も有名ですが、こちらも日帰りで観光が可能です。

もしも離島にも宿泊したい場合は、セブに戻ってくる時間も考えると、4〜5泊できると余裕が持てると思います。

 

<観光ビザでは最大30日間滞在できる!>

普通の旅行ならセブに1週間以上滞在することはあまりないかもしれませんが、フィリピンの観光ビザは30日間有効です。

高級ホテルではなく安宿に泊まりながら、長期滞在して「プチ移住」を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

セブに一度来るとハマってしまって、実際に移住を考える日本人も大変多いようです。

その準備段階として、セブ暮らしをちょっと体験してみるのは良いアイディアだと思います。

 

<観光ビザで英語も学べる!>

観光目的の滞在についてご紹介しましたが、30日間までなら観光ビザで留学も可能です。

実際、セブ留学は1週間ほどの超短期からでも出来ます。

旅行も兼ねつつ英語も勉強できれば、1ヶ月滞在するだけでもかなり有意義な体験ができると思います。

また、留学という形をとって寮に滞在すれば、ホテル代や食事代もかかりません。

平日は勉強し、週末に遊ぶようにすれば、英語も観光も贅沢に両方楽しめる点もセブの魅力の1つです。

 

■短期間でも楽しめるのがセブの魅力!

いかがですか?

総じて、2泊3日もしくは3泊4日もあればセブは十分楽しめます。

たった5時間で常夏の南国リゾートに行けるって良いですよね!

海外旅行には行きたいけどなかなか休みが取れない方や、予算があまりない方、海が大好きな方、買い物が大好きな方、英語を学びたい方などなど、実はいろんなニーズに応えられるセブ。

友達と一緒に、家族と一緒に、ハネムーンに、留学に・・ぜひ気軽に行ってみて欲しいと思います。

これから春休みに向けてセブ旅行プランを立ててみてはいかがでしょうか?


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら