荷物が届かない?フィリピンの郵便システム


海外へ行くと日本との郵便システムの違いに驚かされることがあります。

フィリピンの郵便も日本と比較すると異なる部分が多く、最初は戸惑ってしまうかもしれません。

でも、日本へ荷物を送ったり、日本にいる家族に手紙を出したりしたい時もあると思います。

そこで今回は、フィリピンでの郵便システムと使い方についてお伝えしたいと思います。

 

<手紙を送りたいとき>

日本では道のいたるところにある郵便ポスト。

切手を貼って投函するだけなので簡単ですよね。

しかし、フィリピンにはポストはありません。

そういった回収システムが存在していないのです。

ではどうやって手紙類を出すのか?

ちょっと面倒ですが、直接郵便局まで持っていくか、「ポストステーション」というのを利用します。

ポストステーションは国が認可した機関で、郵便局に代わって郵便物をホテルやショッピングモールの中にあります。

郵便局の出張所のようなものですね。

ただ、郵便局もポストステーションもどちらも遠い場合は、やはりわざわざ行くのはちょっと面倒に感じるかもしれません。

 

<郵便物を受け取るとき>

郵便物の受け取り方も、日本とは違っています。

フィリピンでは日本のように、荷物を自宅まで持ってきません。

家に届くのは「あなた宛の荷物がありますよ」という通知(NOTICE CARD)だけです。

その通知と身分証を持って郵便局まで行き、そこで受け取らなければなりません。

しかも、取りに行ってもすぐには受け取れない例が多々あるようです。

ひどい場合だと、受け取るのに2時間以上も待たされ、あげく法外な関税や手数料を請求されたという話もあります。

ちなみにフィリピンでは自宅まで荷物が届かない理由として、一部の富裕層を除いてはっきりとした住所を持っていない人が多い、というのが挙げられます。

貧困層の住むエリアでは番地も表札もないため、届けようがないのです。

 

<郵便物が届くまでの期間>

日本では同じ都道府県内であれば早くて翌日、遅くても3日後には到着します。

フィリピンはというと、同じ国内でも平気で2、3週間かかります。

ですので、海外に送るとなればさらに長くかかります。

留学中に日本へ手紙を送ったとしても、手紙が届く前に自分が帰国してしまいそうですね(笑)

 

<届かないこともある?!>

フィリピンでは日本と違い、郵便物がいつまで経っても届かないということもざらにあります。

お役所仕事がとてつもなく遅いことで有名なフィリピンですが、郵便物に関しても同じで、時にはどこかへ紛失してしまうこともあるようです。

ハガキなんかは、届かないのが通常なのだとか・・。

また、届いているはずなのに通知が来なかったりなどかなりいい加減で、残念ながら信頼はできません。

そのため、地元のフィリピン人も大事な書類などは郵便では送らないそう。

実はフィリピンでは、郵便局の評判は非常に悪く、国民のほとんどが信頼していないのだそうです。

 

<EMSも追跡はマニラのみ>

EMSとは、Express Mail Serviceの略で、国際スピード郵便のこと。

外国間の荷物のやりとりで最もよく使われています。

通常EMSは、日本の「ゆうパック」などと同じように追跡サービスがついています。

しかしフィリピンでは、EMSの追跡サービスが利用できるのはマニラのみ。

マニラ以外の地域へ荷物を送ると、現在自分の荷物がどこにあるのか把握することができません。

そもそも郵便物が無事届くか分からないような国なので、海外へ送りたい荷物が追跡できないのはちょっと困ってしまいますね。

また、日本からフィリピンへEMSで荷物を送る場合も、マニラまでだと2日ほどで到着しますが、マニラ以外だと1週間〜10日間ほど日数がかかります。

 

<郵便局は使わない方がいい?!>

上記のようなことから、フィリピンの郵便局は悪名高い組織として認識されてしまっているようです。

配送インフラが整っていないせいもありますが、何より国が殿様商売をしているというのが問題なのです。

日本の郵便局と同じ感覚でフィリピンの郵便局を使うと、とにかくトラブルが多く、本当にイライラします(笑)

国際郵便を利用したいときは、EMSではなくFedEXやLBC、OCS、UPS、TNTといった、別の機関を選んだ方が良いかもしれません。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら