フィリピンから日本への郵便物の送り方

海外から日本の家族や友人へ手紙を出したい時や荷物を送りたい時もあると思います。

フィリピンからも日本へ郵便物を送ることが出来ますが、日本とは少しシステムが違っているので、ご紹介します。

 

<郵便ポストはない>

日本ではあちらこちらで見かける赤いポストですが、フィリピンにはありません。

手紙を入れておけば勝手に回収してくれる箱などはなく、郵便物はすべて郵便局へ持って行く必要があります。

日本へ郵便物を送る際には郵便局へ持って行って、国際郵便であることを伝えましょう。

 

<ポストオフィスとポストステーション>

フィリピンから郵便物を送るには2種類の方法があります。

1つは国営のポストオフィス(郵便局)に持ち込む方法、もう1つがポストステーションと呼ばれる民間の代行サービスに持ち込む方法です。

ポストステーションはショッピングモールや街中の商店など、多く点在しているので便利です。

フィリピン国内に送りたい場合はこちらで問題ありません。

しかし、国際郵便はポストオフィスでしか出すことができません。

しかも、ポストオフィスには本店と支店があり、国際郵便は本店でしか出せませんのでちょっと面倒です。

本店はだいたいその街の中心地にあります。

郊外など中心地から離れた場所に住んでいる場合は、いちいち交通機関を使って本店まで行く必要が出てきます。

 

<フィリピン→日本の郵便物ならEMS>

フィリピンから日本へ郵便物を送る場合は、ポストオフィスの本店へ行って、EMSと呼ばれるサービスを利用します。

手数料が比較的安いので、多くの日本人留学生が利用しています。

手紙程度であれば数十ペソで送れます。

段ボールに入った荷物などを送る場合は、日本の宅急便と同様大きさや重さによって料金が異なってきます。

フィリピンから日本へEMSで送った場合、郵便物が到着するのは約2週間後です。

急いでいる場合や食品などを送りたい場合は、民間の国際郵便サービスを利用することもできますが、料金はEMSより高くなります。

 

<バイク便ではなく自転車便>

日本ではバイクに乗った郵便配達員をよく見かけますが、フィリピンでは自転車に乗って荷物を運んでいます。

特に都心から離れた地方都市や田舎の方では、ローカルな雰囲気の配達員が自転車で手紙を届けて回っているのを見ることができます。

 

<住所がない?!フィリピン人の郵便物の受け取り方>

日本では信じられないことかもしれませんが、フィリピンでは番地まではっきりした住所を持っていない人も大勢います。

貧困層は特に、同じ住所に100世帯以上住んでいることもよくあります。

当然、個人の表札なんかもありません。

そんな条件では当然ながら郵便局員も個人に荷物を届けることはできません。

ではフィリピン人はどのように手紙や郵便物を受け取っているのでしょうか?

実はほとんどの場合、その地域の郵便局までしか郵便物は届きません。

あとは、「郵便物が届いていますよ」とい通知を受け取った個人が、郵便局まで取りに行く必要があります。

しかも、取りに行っても自分の郵便物を見つけてもらうまでに2〜3時間かかることも・・。

この辺は、さすがフィリピンといった感じですね!

郵便物を受け取るのも一苦労・・・。

もしも頻繁に手紙等を受け取る場合は、日本と同じように郵便局に私書箱というのを持つことも出来ます。

これがあれば、自分の郵便物を探してもらうのに数時間かかることはありません。

しかしながら、私書箱を持つには年間1,500ペソ(約3,500円)程度のレンタル料金がかかります。

これはフィリピンの貧困層にとってはとても支払える金額ではありません。

 

このように、いろいろとユニークで日本とは異なったフィリピンの郵便事情ですが、慣れてしまえば案外使えます。

利用方法さえ知っていれば日本へ荷物を送るのも難しくはないので、ぜひ参考にしてくださいね!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら