フィリピン英語留学のメリットと気をつけたいこと

近年、フィリピンに英語留学は大変人気です。

一昔前までは、留学といえばアメリカかイギリス、もしくはオーストラリアやニュージーランドなどでした。

え?フィリピンに英語留学?と思う人もいるかもしれませんね。

フィリピンは母国語はタガログ語(セブならセブアノ語)ですが、国民のほとんどが英語を話すバイリンガルです。

小学校から英語で教育を受けており、英語ネイティブと同等レベルのスキルを標準的に持っています。

フィリピンでは、映画館で見る映画も全て字幕なし、英語音声のみです。

街にある看板などもすべて英語で表示されています。

でも、フィリピン人同士では英語ではなくタガログ語で会話しています。

そのくらい、みんな当たり前に英語と母国語を両刀遣いしているのです。

 

<最大のメリットは授業料の安さ>

そんなフィリピンへの留学が人気である最大の理由は、授業料が安いことです。

もちろんプランにもよりますが、欧米への留学と比較すると3〜5分の1に抑えることができます。

寮の部屋のグレードを下げれば、週5日朝から夕方までみっちり授業を受けても、1ヶ月10万円くらいにおさまることも。

お金がないから留学できない、という時代ではもうなくなったんですね。

 

<食費、生活費も安い>

人件費が安いためフィリピン留学は授業料が安くなっていますが、物価も安いです。

食費に関していえば、たとえばジョリビーなどのファストフードでは100ペソ(約220円)もあれば十分です。

味は人それぞれ好みがあるので何とも言えませんが^^;

ショッピングモールには、100〜200ペソもあればお腹いっぱいになるような飲食店がたくさん入っているので、節約したい学生にとっては便利だと思います。

ただ、本格的な日本食をレストランで食べようとすると、だいたい日本と同じくらいになります。

 

<授業のクオリティは高い!>

授業料も安くて生活費も安くて・・・そんなに安くて大丈夫なの?安かろう悪かろうじゃないの?なんて心配になる人もいるかもしれませんね。

しかし、そんなことは全然ないんです。

むしろ、授業はほとんどプライベートになり、分からないところは分かるまで質問できます。

また、講師たちももともとは英語ネイティブではないために、生徒がどこでつまずくのかもよく分かっています。

この点では、ネイティブ英語スピーカーよりも、優れていると言えます。

しかも、フィリピン人は一般的にホスピタリティが高いです。

生徒が困っていれば、できる限りのことをして助けようとする優しさも持っています。

 

<欠点は、日本人がいっぱい!>

授業料も生活費も安く、しかもクオリティが高いと、ここまでいいことづくしですが、もちろんデメリットもあります。

ほぼどこの語学学校へ行っても、日本人が溢れているという点です。

留学する上で大事なことの一つに、「できるだけ日本語を話さない」というのがありますが、フィリピンの英語学校には必ず日本人の留学生がいます。

もちろん、その人たちとも英語が喋れるなら良いですが、ついつい日本人同士でつるむと日本語ばかり喋ってしまいがちになります。

たとえば1ヶ月しかない留学期間の中で、授業以外の時間すべて日本語で話していたら、せっかくフィリピンにいるのにもったいないと思いませんか?

できるだけ日本人のいない学校を選ぶか、一緒に英語で話してくれる友達を作るよう心がけてみましょう!

 

<子供や高校生がうるさいことも?>

語学学校によっては、小学生を含めた親子留学や、高校生の団体を受け入れています。

ですので、夏休みなどの長期休暇とかぶせると、学校や寮内がとても騒がしくなることも・・・。

学校側も夏休みなどは繁忙期で誰彼構わず留学生を受け入れます。

そこへ、社会人が一人で勉強しに来ていると、若干厳しい環境になるかもしれません。

もし可能であれば、7月〜9月、1月〜3月は避けて、閑散期を狙うのもおすすめです。

もちろん、うるさくても全然気にならない人は良いですけどね!

 

<ホテルやコンドミニアムに宿泊することもできる>

フィリピン留学は必ず寮に入る、というイメージもありますが、実はホテルやコンドミニアムと提携していて、そこを優雅に一人で使うというプランも存在します。

もちろん料金は寮より高くなりますが、金銭的に余裕があり、勉強に集中したい人には、結果的にこちらのほうが英語力も上がる可能性が高いです。

やはりストレスのない環境で学習するのは基本ですからね1

 

<今後は留学費用が上がる?>

フィリピンは現在、急速な勢いで経済発展を遂げている最中です。

物価や人件費が上がれば、当然語学学校の授業料も上がることでしょう。

欧米諸国と比較すれば、まだ追いつくまでに何年もかかると思いますが、格安の恩恵を受けるのは今だと思います。

学生でも社会人でも、短期でも長期でも、自分の人生設計に合わせてぜひフィリピン留学を利用してみてください。

そして、英語力をしっかりつけて、将来のプランに役立ててくださいね!

本来の目的を常に忘れなければ、必ず留学は成功します!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら