フィリピン銀行口座開設の流れとおすすめバンク

将来はフィリピンに拠点を移したい、フィリピンで新しい事業を始めたい、フィリピンで資産運用したい。

低迷している日本の経済よりも、休むことなく成長し続けるフィリピンにポテンシャルを感じている日本人は大変多いです。

なんといってもこれから35年先の将来まで発展が約束されているような国ですから、当然といえば当然ですね。

不動産購入なども、行動を起こすなら本当に今がチャンスだと思います。

 

こういったフィリピンでの人生プランを立てるにおいて、絶対に必要になるのは銀行口座です。

不動産の購入やコンドミニアムの運用、ビジネス展開などにおいて、まずは銀行口座がなければ勧められません。

 

<フィリピンでの銀行口座開設までの流れ>

まず、フィリピンで銀行口座を開設するには、現地の窓口まで行く必要があります。

必要な書類等があるので確認しておきましょう。

・本人確認用の書類(パスポート、国際免許証、外国人登録証など)
※外国人なのでパスポートは必須です。

・フィリピンの住所を証明するもの(公共料金の請求書など)

・写真(2×2サイズ)数枚

フィリピンで銀行口座を開設するには、大前提としてフィリピンに滞在している必要があります。

一時的な訪問では基本的に作れません。

 

<日本の銀行との違い>

フィリピンの銀行には、最低預金残高というのがあります。

日本では残高が10円でも口座を維持できますが、フィリピンの銀行は最低預金残高を下回ると毎月口座維持費が引き落とされます。

たいてい300ペソほどです。

フィリピン人の多くが銀行口座を持っていない理由は、この最低預金残高の確保や手数料を払うことができないからです。

最低預金残高は銀行によって異なります。

また、フィリピンでは2年以上出し入れがない銀行口座は休眠口座とみなされ、凍結することがあります。

その際も、毎月300ペソの手数料が課金されていくシステムです。

一度口座を開設したら、ある程度のお金を預けて使い続けること。

そうでなければ解約した方が良いということですね。

 

<おすすめの銀行>

フィリピンで銀行口座を開設するなら、まずはこちらの大手銀行を検討してみてください。

■BDO銀行(Banco de Oro)

フィリピン最大手の銀行の1つです。

他の銀行と比べて引き出し時などの手数料が安いので、使っている外国人は大変多いです。

ATMの数も多いので、一番使いやすい銀行の1つだと思います。

日本の銀行(セブン銀行、福岡銀行、静岡銀行など)や証券会社とも提携しています。

法人口座を開設する場合は、日本にいても提携銀行を通して開設をサポートしてくれます。

また、BDO銀行には日本人スタッフ駐在のジャパンデスクがあり、日本語で相談もできるので安心!

■メトロポリタンバンク

「メトロバンク」とも呼ばれています。

フィリピン国内の金融グループ「メトロバンクグループ」が運営する銀行で、国内最大級。

マニラの経済中心地マカティに本店があります。

支店953店舗以上を構え、個人にも法人にも広く使われているメガバンクです。

トヨタ自動車、オリックス、三井物産、住友商事、森ビルなど、日本の財閥企業とも合併事業を行なっています。

日本の大阪と東京にも支店を持っており、日本への送金も簡単にできます。

定期預金の取り扱いはないので、投資目的というよりは普段の出し入れや送金に便利な銀行です。

メトロバンクにも日本人スタッフ常駐のジャパンデスクがあります。

■フィリピンナショナルバンク(PNB)

フィリピンだけでなく日本の東京や名古屋にも支店があり、日本での口座開設が可能です。

日本である程度のお金を預けておけば、現地に630以上ある店舗で、必要な現金を引き出すことが簡単にできます。

フィリピン国内でもかなりメジャーに使われている銀行の1つで、特に海外出稼ぎ労働者からの送金の受け取り窓口ともなっています。

なお、日本の支店で口座開設する際はもちろん日本語で問題ありませんが、フィリピンの店舗の口座を開設するにあたって書類は英語で記入することになります。

また、ネットバンクも一緒に作ることで、送金などもラクラクできるようになります。

■RCBC(リサール商業銀行)

フィリピンペソだけでなくドルや円でも預金できます。

日本からの送金にも対応しているほか、ネットバンキングを利用すれば、世界中どこにいても預金管理が可能になります。

法人口座はもちろんのこと、個人の口座開設も比較的簡単にできます。

必要なのは、フィリピンの住所です。

これは賃貸で住んでいる家でも大丈夫で、郵便物を持っていけば証明できます。

こちらの銀行にも日本人スタッフがおり、銀行口座開設をサポートしてくれます。

金利は決して高くないので投資目的には向きませんが、国内にはたくさんの店舗を構えているので、大変使いやすい銀行の1つです。

 

しっかり手順を踏んで現地のシステムさえ理解すれば、フィリピンで銀行口座を開設するのはそう難しいことではありません。

何かわからないことがあれば日本のエージェントに相談することもできます。

不動産の紹介をしているBTWINでは、会社設立や投資を考えている人向けに、銀行口座開設のサポートもしています。

フィリピン初心者だし英語も苦手、という方はまずは相談してみてくださいね。

https://btwin-realty.com

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら