フィリピン料理はまずいの?

フィリピン料理は美味しくない・・なんて噂を耳にしたことのある人もいるかもしれません。

同じ東南アジアでも、タイ料理やベトナム料理は日本で大人気なのに、フィリピン料理のレストランというのは見かけませんね。

毎年大勢の観光客が訪れ、距離的にも近いのに、なぜフィリピン料理は日本に浸透していないのでしょうか?

やはり味が日本人には合わないのでしょうか?

 

結論からいうと、人によって好みは千差万別であるためはっきりしたことは言えません。

しかし、ちょっと癖の強い味付けの料理が多いため、好き嫌いがはっきり分かれるのでしょう。

タイのように辛いものは目立ちませんが、酸っぱいもの、しょっぱいもの、甘いものが多いです。

味が濃く、脂っこいものが多いため、日本人にはあまり好かれないタイプかもしれません。

 

また、フィリピンのお米がどうも苦手・・・という日本人は大変多いです。

タイやベトナムにも日本とは違ったタイプの米がありますが、フィリピンのもまた独特で、これが慣れるまで食べられない人もいます。

にも関わらず、彼らは毎日大量の米を食べますし、食事で米が出てくる率が高いので、人によっては食事が苦痛になってしまうかもしれません。

 

もちろん、ちゃんとした日本食レストラン(日本人経営の定食屋さんなど)へ行けば、日本と同じクオリティのご飯が出てくるところもあります。

吉野家のようなファストフード系の日本食ではあまり期待できません。

 

フィリピンでは野菜があまり取れない・・という悩みもよく聞かれます。

これは事実で、彼らは大量の米とチキン、ビーフ、豚肉などをよく食べますが、野菜はあまり摂取していません。

あまり美味しい野菜が収穫できないようで、スーパーへ行って買おうと思っても、日本のようにフレッシュなものが手に入らないのです。

 

そのため、フィリピンでは栄養バランスに気をつけたくてもなかなか出来ないという人が多いです。

脂っこい味付けの肉とご飯、そして砂糖たっぷりのデザート・・・

これを毎日食べ続けるのはちょっと厳しいかもしれませんね。

 

じゃあフィリピンでの滞在中は何を食べればいいのでしょうか?

 

やはりちょっとお金を出してでも、日本食レストランにお世話になるのが良いでしょう。

幸いなことに、フィリピンの日本食は他の諸外国と比べてもクオリティが高いです。

「リトルトーキョー」(マカティにある日本食街)へ行けば、新鮮な魚介類と魚沼産コシヒカリを使った寿司や、野菜たっぷりのちゃんこ鍋のお店など、本当においしい和食がたくさんあります。

 

また、日本食以外にも、中華、イタリアン、フレンチなど、世界各国の料理が食べられるレストランは多数あるので、いつもフィリピン料理を食べる必要はまったくありません。

ですので、フィリピン料理はまずくて食べられない!という人でも、それ以外の選択肢が意外に多いため、逆に暮らしやすいという人も多いのです。

 

栄養バランスのためには、サプリメントを利用するのも一つの方法です。

日本からビタミン剤や乳酸菌のサプリメントなどを持ち込む人も多いです。

ただでさえ、慣れない土地で体調を崩しやすくなっていますので、ぜひ持っていきましょう。

 

とはいえ、フィリピンに行くのだから、とりあえずいくつかのフィリピン料理はぜひ試してみてくださいね。

お祝い事で出される豚の丸焼き(レチョン)やデザートのハロハロなどは、とっても美味しいです。

 

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら