フィリピンでタバコはいくらぐらい?

喫煙者にとって、旅行先の海外でタバコが買えるのかどうか、いくらなのか、吸える場所はあるのか、などは非常に重要な問題ですよね。
フィリピンは現在禁煙が全面的に進められており、建物の中ではほとんど吸えません。
もちろん道端でも基本的には禁止です。
日本と同じですね。
空港などでも、吸える場所はごく限られています。
しかし、タバコの値段は非常に安いです。
たとえばマルボロをスーパーで購入した場合、1箱60ペソ(約140円)程度です。
コンビニではもう20円くらい高くなり、さらに場所によっては100ペソ(約240円)程度になります。
それでも日本で買うよりはずっと安いですよね。
また、フィリピンではタバコをバラ売りしています。
「サリサリストア」と呼ばれる、ローカルのフィリピン人がよく利用する商店では、1本から買えます。
ただし1本あたり5ペソ程度と割高です。
所得の低いフィリピン人は、たとえ割高でも1本ずつしか買えない程度のお金しか持っていないのです。
ちなみにシャンプーなども1回分の小袋で売っています。
田舎へ行くほど、メジャーな銘柄のタバコは置いていません。
ローカルブランドのタバコがあります。
1本1ペソ、2本5ペソ程度と激安ですが、味は劣るようです。
海外でタバコを買う際に免税店を利用する人は多いですが、フィリピンの場合は免税店の方が高いです。
街中に出てからスーパーやコンビニで買う方が断然割安です。
日本へ持ち込む場合は本数制限があるので注意しましょう。
制限を超えると税関で引っかかってしまいます。
まとめると、フィリピンではタバコは安く買えるけど、吸える場所が少ない!ということが言えます。
もし違反して喫煙すると、日本人は外国人なのでかなり面倒なことになります。
喫煙場所にはくれぐれも気をつけてください。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら