フィリピンのメガバンク

フィリピンで不動産を買いたい、起業したい、ビジネスを展開したい、投資・資産運用したい、移住したい・・そんな時に絶対に必要になってくるのが銀行口座です。
そこで今回は、フィリピンの主要銀行にはどのようなものがあるのかを、ご紹介したいと思います。
<Banco de Oro Unibank>
BDOユニバンクと呼ばれています。
総資産額、貸出金額、顧客預金金額でフィリピン第1位を誇る、最大手の商業銀行です。
フィリピン最大級のコングロマリットである「SMグループ」が所有しています。
フィリピン全国に1,128の支店を持ち、ATMの設置数は3,600箇所に及びます。
フィリピンで口座を作ろうと思ったら、まず最初に候補に上がる銀行です。
2007年には「BDOジャパンデスク」が設立され、12名の日本人もしくは日本語の話せるスタッフを配置しています。
東京の新宿には、BDOの海外送金専門業者であるBDOレミットジャパンがあります。
<Bank of the Philippine Islands>
1851年に設立されたフィリピンの老舗銀行です。
フィリピン最古かつ最大の財閥である「アヤラコーポレーション」が所有します。
BDOと同様、いたるところにATMがあり、便利です。
日本にも進出しています。
<Metropolitan Bank & Trust Company>
通称メトロバンク。
日本では、大阪と東京に支店があります。
株式会社国際協力銀行、株式会社日本政策金融公庫と提携しており、フィリピンで事業を行う日本人を支援しています。
<Philippine National Bank>
もともとは国が設立した銀行ですが、現在は民営化されています。
フィリピン航空も運営している「Lucio Tan(ルシオ タン)」がオーナーです。
日本では、東京と愛知に支店があります。
<HSBC Philippines>
HSBC(香港上海銀行)は、イギリスのロンドンに本社を持つ世界最大級のメガバンクです。
ユーザーの多くは富裕層となっています。
これらはみんな、フィリピンのメガバンクの一部です。
この他にも中堅クラスの銀行やローカルな銀行も存在しています。
日本人は、ほとんどが上記のようなメガバンクを利用します。
やはり店舗数やATMが多い銀行の方が便利ですしオススメです。
老舗銀行なら信用もあります。
しかしフィリピンで銀行口座を作るには、ちょっと面倒な手続きが必要になってきます。
ひとりでは不安なこともありますし、なかなかスムーズに進まないことも。
ですので、銀行口座開設にあたっては、エージェントを使うのもありですよ!
BTWINは、フィリピンの不動産を扱う会社ですが、銀行口座開設もサポートしてくれます。
もちろん全部日本語で対応してくれるので、安心です!
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら