フィリピンからジプニーは消えるのか?

フィリピンの街には、乗用車、タクシー、バイクのほかに、トライシクル(三輪タクシー)、そしてジプニーが走っています。
ジプニーは、過去フィリピンに駐在していたアメリカ軍が置いていったジープを改造したもので、現在は地元民の重要な交通手段となっています。
外観が独特であるため、観光客も写真を撮りたがるフィリピンの名物です。

しかしこのジプニーが今は、大気汚染と交通渋滞を悪化させる元凶として批判の対象となっています。

ドゥテルテ大統領率いるフィリピン政府は2018年1月から、「近代化計画」と題してジプニーをすべて新車に取り替える計画を立てていました。

しかし、もちろんその費用を全部負担するわけではなく、運転手が自腹を切らないといけません。
低賃金で働く彼らにそんな財力はなく、結局労働組合がストライキを起こして中止にさせました。

ジプニーは、仕事・学校へ行くために住民の生活に不可欠なもの。
ストライキの間の2日間は学校も休みになるという騒ぎになりました。

フィリピン政府としては、ディーゼルエンジンではなく電気駆動のものにし、エアコンもドアも取り付けたいようですが、これは1台120〜160万ペソ(約280〜380万円)になります。
現在のジプニーが50万ペソ(約120万円)なので、2倍以上になります。
とてもじゃありませんが、月収2〜3万程度しかないジプニー運転手が買える価格ではありません。

政府は融資もすると言っていますが、それはたった8万ペソ(約19万円)。
非現実的な話だと批判されています。
また、電動モーターを導入することで、それを生産している企業だけが儲けている、との指摘もあります。
事実、現在アジア開発銀行が融資してトライシクルを電動化する計画が進んでいますが、大気汚染に関してまったく改善は見られていないとのこと。

また、「交通渋滞」の原因はジプニーではなく、富裕層の自家用車であるという批判もあります。

しかし一方で、ジプニーが大気汚染を悪化させているのは事実で、政府の計画を支持する層もいます。
また、現在のジプニーの危険な運転を嫌う層も、政府の計画を支持しているようです。

これまでも多少の批判には目もくれず自分の思う政策を強行してきたドゥテルテ大統領ですが、このプロジェクトは支持者であったジプニー運転手たちを離れさせてしまうかもしれません。

ちなみに私たち日本人がフィリピンを訪れた際にも、ジプニーに乗るのはあまりオススメしません。
車内の環境が悪いのはもちろんですが、スリがとにかく多く、現金やスマホがなくなる例は後を絶ちません。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら