マニラで気をつけたい犯罪・事件

フィリピンは、東南アジアの中でも、あまり治安がよくないことで知られています。
特にマニラには、危険な地区もあるので、滞在する際は気をつけなければなりません。
日本人は特にあまり警戒せずに街を歩いているので、狙われやすいです。
<フィリピンで頻繁に起こっている犯罪>
■乗り物でのスリ
フィリピンは人口が本当に多く、特に乗り物はいつも混み合っています。
電車、トライシクル、ジプニーなどのローカルな乗り物の中では、必ずといっていいほど日本人は狙われます。
カバンは前に持つ、ポケットにスマホなどを入れておかないのは基本。
また、できるだけ混雑している乗り物には乗らないことも1つの策です。
■ストリートチルドレンによるスリ
フィリピンは貧富の差が激しい国です。
発展している都市から少し外れるだけで、ストリートチルドレンがたむろしています。
彼らは集団で1人の日本人を取り囲み、ポケットにある金銭などを盗みます。
ほとんどの場合、盗まれたことに気づきません。
こういう地区へは、まず行かないことです。
■ひったくり・強盗
スマホを手に持ったままぼーっとしていると、バイクで瞬時にひったくられます。
肩掛けバッグなども同様です。
とにかく、人に見えるようにスマホなどは使わないこと。
■セットアップ詐欺
警察官の格好で、金銭を要求する犯罪です。
いろんなパターンがありますが、見知らぬフィリピン人女性が近寄ってきて、ホテルへ連れ込ませます。
そこへ警察官の格好をした協力者がやってきて「見逃してやる代わりに金をよこせ」と言うのです。
もちろん、みんなグルです。
知らない人が近寄ってきても、簡単に信用しないこと。
■睡眠薬強盗
その名の通り、睡眠薬で眠らせてその間に金銭を奪う手口です。
最初は優しく声をかけてきて、慣れてきた頃に「一緒に酒を飲もう」などと誘います。
その酒や、食べ物の中に薬を混入させます。
知らない人がくれたものを口にしてはいけません。
■ホールドアップ
ナイフや銃を突きつけて金銭を要求する犯罪です。
一人で夜出歩いたりすると、こういった犯罪に巻き込まれやすいです。
乗ったタクシーで、運転手が脅してくることも。
■空港で荷物に銃弾を混入
空港職員も、日本人を相手に金銭を狙っています。
荷物に銃弾を混入させ、口止め料を要求します。
簡単に荷物に入れられないように、ラップで荷物をぐるぐる巻きにするか、混入できないタイプのバッグを選びましょう。
どの犯罪も、気をつけて行動していれば防げます。
とにかく、夜一人で出歩かない、金銭やスマホを見せない、カバンは前に背負うなどは、絶対に守りましょう。
また、命の危険を感じたら潔くお金を払ってしまうことも大事です。
フィリピン人は基本的には良い人たちですが、日本とは事情が違うということを、しっかり覚えておいてください。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら