ビットコインと電子マネーってどこが違うの?

ビットコインについてまとめてみると、
・お札や硬貨がない
・現金と同じように、買い物やサービス利用に使える
・パソコンやスマホをお財布代わりに使える
のような特徴があります。
これだけ見ると、「SUICA」や「PASMO」などの電子マネーとあまり違いがないように思えるかもしれません。
実際、ビットコインと電子マネーの違いをよく理解していない人は多いようです。
<電子マネーとの違い>
ビットコインは、オンラインゲームに登場する仮想通貨と似ていますが、これがゲームやネット上だけでなく、実際の生活で出来るようになります。
日常生活で使おうとすると、電子マネーと似ていますが、電子マネーはあくまでも現金をカードにチャージして使うものです。
単に、財布から現金を出す必要がない、という利便性を目的に作られました。
特定の企業(SUICAならJR)が発行していて、加盟店でのみ使える金額をあらかじめ購入します。
また、一定の金額に対して手に入る電子マネーはいつも同じ金額です。
1,000円なら、1,000円分チャージされます。
これがドルやユーロに変わることはありませんね。
一方ビットコインは、特定の企業や国が管理しているわけではありません。
普通の通貨と同じようにレートは常に変動しており、交換所で時価で買うことになります。
円をドルに変えてもらうような感覚です。
当然、間に何らかの企業を挟むこともありません。
また、国境を超えてどこでも使えるという点も、電子マネーと根本的に異なっています。
誰でもアプリさえ持っていれば、ビットコインを受け取ったり支払いに使ったりできます。
このアプリも、さまざまな企業が開発しており、自由に好きなものを選んで使うことができます。
好きなデザインの財布を選ぶような感じです。
ビットコインはあくまでも通貨であり、電子マネー=仮想通貨ではありません。
電子マネーで不動産を買う人はいませんが、ビットコインでは大きな買い物も容易にできるようになりました。
マンションやコンドミニアムを買おうとすると、何しろ金額が大きいため、現金や振り込みではどうしても制限が多くなってしまいます。
ビットコインであれば、手数料や手間を大幅に省くことができます。
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE