フィリピンで起業するのに英語はいらない?

海外で起業してみたい!という人にとって、経済成長が著しいフィリピンは非常に大きなポテンシャルを持つ国ですよね。
不動産投資などでも今人気が沸騰しています。
ただ、言葉の壁というのが、日本人にはネックになりがち。
フィリピンは英語が通じる国ですが、日本人にとって現地で起業したり交渉したりできるほどの英語力を身につけるのは簡単ではありません。
また、英語力がたとえゼロじゃないとしても、きちんと意思疎通ができなければ、現地でビジネスを構築していくのは難しいでしょう。
ジェスチャーやフィーリングでもコミュニケーションはできるという人もいますが、そもそも文化や考え方の違う外国人と、言葉なしで通じ合うのははっきり言って無理です。
特にフィリピン人は、日本人とはまったく違う気質を持っています。
正直言って、時間も守れないし、怠惰な部分を持っているので、経営者として叱らなければならないことも多々あります。
ですが、適切な言葉が使えなければ、不必要に相手を傷つけて関係をギスギスさせてしまったり、お互いにストレスが溜まります。
そのため、本格的にフィリピンに進出したいと思ったら、やはり英語は必要です。
仕事をしながらでも、勉強した方が良いでしょう。
また、会社設立の段階においては、通訳を雇うのも1つの選択肢です。
物件を借りたり、契約を交わしたりする際に、勘違いや誤解があっては困りますよね。
タクシーなどでの支払いや、インターネットに接続する際の手続きなども、言葉の壁が障害となってスムーズに進まないこともあります。
英語が公用語となっているフィリピンでは、英語が使えない日本人はどうしても弱い立場に置かれてしまいます。
たとえ不当な扱いを受けても、日本人の主張は通らないことがほとんどです。
騙されたりしないためにも、適切に英語を操れる人に頼っても良いでしょう。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら