フィリピン人が使う「タグリッシュ」って何?


フィリピンは、実に7000以上の島からなる多民族国家です。
当然、話されている言語も多種多様です。
最もよく知られているのはマニラのあるルソン島で使われるタガログ語ですが、留学先として人気の高いセブ島では、セブアーノ語がメインで使われています。

英語はマニラ、セブを始めとするほとんどの地域で使われていますが、英語とタガログ語を掛け合わせて生まれた「タグリッシュ」も頻繁に使われています。
母国語であるタガログ語を使って生活しながら、学校教育は英語で行われるため、タガログ語に英語をまぜて話すようになりました。

この影響で、純粋なタガログ語を話す人も減り、タグリッシュが広く使われるようになっています。
たとえば、以下のようなものです。

「説明してもらえますか?」
タガログ語:”Maaaring ipaliwanag mo sa akin?”
タグリッシュ:”Maaaring i-explain mo sa akin?”
       ”Maaaring paki-explain mo sa akin

英語になっているのは「explain」だけですね。
タガログ語がわからないと、英語を知っていてもタグリッシュを理解するのは難しそうです(笑)

ただ、普通の英語を話しているつもりでも、ついタグリッシュが混ざってしまう、という人も多いようです。
特に、語尾に下記のような言葉をつける人は大勢います。

・Po
“Thank you po.”など、最後poをつけることによって、丁寧な表現になるそう。
“Ok po.”や”Yes, po”などもよく聞かれます。
なんだか可愛いですよね。

・Di ba?
意味は、「本当に?」「わかった?」などです。
それまで英語で話していても、最後に”Di ba?”で確認されることもあるので、知っておくと便利でしょう。

英語は話される人々によって変化していくものです。
アメリカ英語、イギリス英語が存在するように、フィリピン英語もあるということですね。
覚えたら使ってみるのも面白いと思います。
フィリピン人には、きっと喜ばれますよ!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら