世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい! フィリピン田舎暮らしを配信中!! Kuya Kaz【Philippines life】 エドちゃんねる Ed Channel Philippines 2009年からフィリピンマニラに住んでいるエドワードがフィリピンの情報を発信しています。特にに海外移住、フィリピン移住のことを中心に情報を発信しています。昨今、日本を離れ海外へ移住する人が増えてきていますのでその参考になればと思います。 BamBuhaiフィリピン基地局 アンヘレスを拠点にフィリピンのトピックを配信していくBamBuhaiチャンネルを開設現地での検証動画と皆様に役立つ情報、生活など沢山の方に参考にして頂ければと思い開設しました。 AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!

セブでジンベイザメと一緒に泳ごう!


ジンベイザメは世界最大の魚類と言われ、日本の水族館でも人気者ですよね。
大きな体とは裏腹に、癒し系の顔、のんびりと泳ぐ姿は、いつまでも見ていられる不思議な魅力があります。
フィリピンのセブでは、そんなジンベイザメと一緒に泳ぐことができます!
アイランドホッピングと並び、とても人気のアクティビティです。

ジンベイザメウォッチングをするには、セブ市から3時間ほどのところにあるオスロブという街まで行きます。
多くのツアー会社がありますが、だいたいの内容は下記のような感じです。

◆料金
ダイビングの平均的な料金は、9,000ペソ〜11,000ペソほど、シュノーケルの場合は5,000ペソ〜8,000ペソです。
もちろん、何度も潜ればもっと高くなる場合もあります。
また、ジンベイザメは浅瀬までやってくるので、シュノーケリングでも十分一緒に泳ぐことができます。
使う機具のレンタル料などは含まれています。

◆送迎・食事付き
ほとんどのツアーには、送迎代、食事代、飲み物代が含まれています。
基本的に持ち物は水着とタオル、サンダル、日焼け止めなどで十分です。

◆オプション
このほか、オプションで近くのスミロン島へアイランドホッピングできるツアーなどもあります。
近くにある「ツマログの滝」も人気スポットです。
セブから3時間かけて来ても、ジンベエザメウォッチングの時間は1時間ほどですので、ぜひ周辺の観光スポットも一緒に楽しんでいってほしいと思います。

ジンベエザメウォッチングは2〜5月の乾季に行くのがおすすめです。
雨季だと水が濁ってしまうこともあります。
また、時期によってはクラゲが発生しており、刺される危険性もあります。

自然のアクティビティなので不測の事態を100%防ぐことは難しいですが、ほとんどの人は肌に触れられるくらいの距離に迫ってくるジンベイザメに興奮し、忘れられない体験ができます。
可能であれば水中カメラを持っていきましょう。
スタッフが撮影もしてくれるので、ジンベエザメとのツーショット写真を持ち帰ることもできますよ!