フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピン経済を支えている国民の個人消費


フィリピンは貧富の差が激しい国ですが、現在国民の消費は伸び続けています。
GDPの中で個人消費が占める割合は、なんと70%。
これは日本の60%よりも高い数字で、消費が非常にさかんなことを示しています。

発展途上国の中ではずば抜けており、先進国のアメリカと大差がありません。
消費が高いと言われるインドでも60%です。

フィリピンがこれだけ消費大国であることは、国内にある巨大ショッピングモールを見てもよくわかります。
世界中に巨大なモールは存在していますが、そのトップ20のうち5つはフィリピンにあるのです。
マカティなどに住む富裕層の国民は、これらのじゃんじゃんお金を落としており、経済を回しています。

また、この大きな消費を支えているのは、フィリピン国外へ出稼ぎしている労働者からの海外送金です。
日本はもちろんのこと、世界各国へ出稼ぎしているフィリピン人たちが母国の家族へ仕送りし、消費を促しているのです。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら