フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンの農業と食料自給率


フィリピンでは全人口の40%が農業に従事しています。
主な作物は、サトウキビ、ココナッツ、コプラ、マニラ麻、タバコ、バナナなどです。
1年を通して暖かいので、多種多様な作物が育ちます。
日本のスーパーでも、フィリピンのバナナをよく見かけますよね。

しかし、主食であるコメの自給率は低く、毎年1500万トンものコメを産出しているにもかかわらず、大量に輸入しているというジレンマ状態が続いています。
原因として、人口の爆発的な増加、過酷な貧困問題などが挙げられるほか、農法が前近代的で生産性が低いことも問題となっています。
また、重要な資金源である外貨収入を得るために輸出用作物の栽培に偏っているなど、さまざまな要因が絡み合っています。

そんなフィリピンの農作ですが、1980年頃までは、コメの自給率は100%を達成し、輸出もしていました。
しかし1990年代に入ってからは、工業化により農地が減り、生産量は横ばいに。
土地の枯渇や農薬の使いすぎなども原因でした。
そして結果的に、再びアメリカから輸入する形へ戻ってしまいました。

現在もフィリピンの食料自給率は回復しておらず、穀物価格の高騰により、国民の生活は苦しくなっています。
また、農村の貧困問題も深刻化していて、農村部の人口の半数以上が1日1ドル以下で生活しています。
国では、こうした貧困問題を緩和するため、農業省や農地改革省を中心に、もっと近代的な農法を導入したり、インフラ整備を進めようとしています。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら