フィリピン屋台で気をつけたい食中毒

フィリピンは物価が安く、屋台などでは1食100円以下でも食事をすることができます。
しかし、多くの場所で衛生環境が良いとは言えません。
食中毒を起こせば、せっかくのフィリピンの旅も台無しになってしまいます。
どのように食べられるものを判断すれば良いのか?あらかじめ知っておきましょう。

■生野菜、果物
屋台では生の野菜や果物が売られていますが、よくハエがたかっているので注意です。
赤痢などの危険があるので、熱処理されていないものは食べないようにしましょう。

■生水、氷
フィリピンの生水は飲めません。
飲み水だけでなく、うがいなどにもミネラルウォーターを使用するようにしてください。
また、屋台では氷の入った飲み物もありますが、これも生水ですので買ってはいけません。

■生の魚介類
刺身や寿司などは、たとえ高級レストランであっても一定のリスクがあります。
どうしても必要でないのなら、避けたほうが無難でしょう。
特に貝類の食中毒にかかると死の危険もあります。

■ハロハロ
フィリピンを代表するデザートのひとつ。
レストランで食べるのは問題ありませんが、牛乳や氷が使われていますので、屋台などで売られているものは不衛生なことがあります。
アイスクリームも同様です。

衛生環境に関しては少しずつ改善されてきてはいますが、日本人の私たちは、口に入れるものすべてに気をつけた方が良いでしょう。
お腹を壊せばトイレを常に必要としますし、そのトイレも衛生的ではない場合がほとんどです。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら