フィリピンドリームが実現?止まらない経済成長

フィリピンの株式市場が成熟してきており、注目が高まっています。
かつては「アジアの病人」とまで呼ばれていましたが、ついに高度成長期に差し掛かっていると言えるでしょう。
貧富の差はまだまだ大きいものの、安定した所得を得るビジネスパーソンが増えています。

マニラの平均株価はここ8年で4倍に成長しており、大手コンビニエンスストアの「セブンイレブン」の株価も約200倍に。
当初は「サリサリストア」の存在が邪魔になると思われていましたが、ここに来て「フィリピンドリーム」が実現しつつありそうです。

日本人が積極的に購入してきたコンドミニアムをはじめとする不動産価値も、まだまだ上昇が望めるのではないでしょうか。
実際、時価総額ランキングの上位も不動産会社が名を連ねています。
それに付随して建設業も活気付いており、新しい物件がどんどん建設されています。

また、外食産業も成長が著しく、多くの日系企業も和食レストラン業界への参入進んでいます。
そして、お金があれば使う、といったスリピットを持つフィリピン人の消費もまた、経済発展に大きく貢献しています。

さらに、現在フィリピンの人口は増加の一途をたどっており、1億人を突破。
しかもその平均年齢は24歳と非常に若く、労働力が有り余っています。
今後もしばらくは経済成長がとどまることはなさそうです。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら