フィリピンで子育て?教育制度の違い

家族、子供とともにフィリピンへの移住を考えている方や、海外の教育制度に興味を持っている方なら、フィリピンの教育システムがどのようなものなのか気になるでしょう。
日本とは少し異なっていますのでご紹介します。

フィリピンでは2013年に教育制度改革が行われ、義務教育が10年から13年に変わりました。
幼稚園:1年
小学校:6年
中学校:4年
高校:2年
となっています。
幼稚園も義務教育に入っているのが面白いですね。

基本的に、教育は英語で行われています。
国語(タガログ語)と歴史の授業はタガログ語ですが、それ以外の教科は英語です。
フィリピン人の高い英語力の理由は、そもそも幼い頃からの教育が英語ベースだからなのですね。

もしお子さんを英語で教育したいのならば、フィリピンは非常に良い環境と言えます。
日本で育てれば絶対に身につかない語学力を得ることができるでしょう。

ただ、将来的に日本へ戻ってくる予定ならば、日本人学校へ通わせる選択肢もあります。
当然ながら、フィリピン人と一緒にフィリピン式の教育を受ければ子供はそれが普通と思って育ちますから、突然日本へ帰国しても馴染めないということもあるでしょう。
日本人学校なら、フィリピンにいながらにして、日本と同じ教育が受けられます。

どちらが正解ということはありませんが、子供の性格によっても変わってきますので、いくつかの学校を見て回って決めるのが良いかもしれませんね。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら