フィリピン人とお米

フィリピンは世界一の米輸入国であり、その消費量は日本の1.6倍とも言われています。
少量のおかずでも大量にご飯を食べますし、パンやパスタと一緒に食べる人もいるくらいです。
また、午前10時頃と午後3時頃に「メリエンダ」と呼ばれる間食の時間があるのですが、この時も米(お粥など)を食べます。

そんなお米が大好きなフィリピン人ですが、米の種類はどのようなものなのでしょうか。
私たちが日本人が食べ慣れている、あのモチモチした粘り気のあるお米なのでしょうか。

実はフィリピンで食べられている米は、タイなど他の東南アジアの国々で食べられているのと同じ、インディカ米です。
粘り気はなく、パラパラとしています。
基本的に箸ではなく、スプーンとフォークで食べます。

フィリピンに行けば、その彼らの食べる米の量に驚くことでしょう。
現地でハンバーガーチェーン「ジョリビー」でも、ライスは欠かさず食べるのがフィリピンスタイルです。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら