フィリピン人講師の英語は訛りがある?

留学しようと思っている人が、身につける英語は正確なものが良いと考えるのは当然だと思います。
フィリピンは今留学先として日本人に人気ではありますが、訛りが心配という人も多いのではないでしょうか。

フィリピンは英語を話す人口が世界で第3位と言われていますが、英語はあくまでも第二言語であり、母国語はタガログ語を始めとしたフィリピンの言語となっています。

そのため、多少の訛りはあります。
小学校から授業は全部英語で行われているとはいえ、母国語の影響を受けるのは仕方ないことです。

しかし、それが大きな問題になるかというと、実際はそうでもありません。

というのも、そもそも「訛り」というのはどの国でも存在するからです。
世界中の至るところに、英語を話す人がいます。
みんなそれぞれ違う訛りがあります。
ですが、訛りがあっても、コミュニケーションには全く困っていません。
そもそも「完璧な英語」というのは無いといっても良いでしょう。

それを踏まえた上でフィリピン留学を考えてみると、やはり費用対効果がかなり高いと言えます。
「絶対にアメリカやイギリスの英語でなきゃダメ」というこだわりがない限りは、十分コミュニケーションできるだけの英語力は身につきます。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら