日本の感覚と違うフィリピンのレンタカー事情

日本ではレンタカーと聞いたら、自分で運転すると考える人も多いと思いますが、フィリピンではドライバー付きレンタカーが基本です。勿論、中には車だけのレンタルもあると思いますが、交通ルールや渋滞などやフィリピンでの車のマナーなどを考えると自分での運転はオススメできません!

フィリピンは、車線の通り走る人も少ないですし渋滞の為、少しでも早く到着したい考えの人も非常に多いので危険が伴います。運転手付きのレンタカーが盛んなフィリピンですが、車種の種類は大体は決まっています。例えば4~5人程度ならイノーバー(TOYOTA) それ以上の人数ならハイエースなどが主流です。

しかし、フィリピンのレンタカーの問題点はドライバーの言葉の壁です。 やはり英語やタガログ語のフィリピンではドライバーが日本語を話せる人も少ないので運転手は日本語を話せる方が良いと思います。

最近では女性ドライバーも増えて、有名になったのがPH DOOR(ピーエイチドア)の会社でドライバーが全て日本語を話せる優れた会社です。

運転技術もありますが、やはり言葉の壁は大きいので日本人の方がフィリピンに来られた時にアテンド的な役割もしてくれるPH DOOR(ピーエイチドア)がオススメです。

フィリピンではビジネスで市場調査に来ている方や観光目的など様々な理由があると思います。それに対応してPH DOOR(ピーエイチドア)は社員教育でフィリピンのドライバーに日本語の教育をしています。

今後もフィリピンでへ来られる日本の人が増えると思いますが、レンタカーや通訳などはピーエイチドアの会社がオススメですね!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら