フィリピンのレンタカー運転手付き

レンタカーを利用するならPH DOOR(ピーエィチドア)日本語スタッフが対応してくれるので素晴らしいと評判の会社です♫

フィリピンのレンタカーでのトラブルは、言葉の問題やマナーの問題などが多いですがPHなら安心できるドライバーと通訳が常駐するので安心できる!フィリピンでは自分で運転は困難な地域ですので、運転免許を大使館で国際ライセンスに変更してから自分で運転する方もいますがフィリピンの交通ルールやトラフィックの現状を考えるとフィリピンでは運転手付きのレンタカーが主流です。では、泊まりで色々な地域にレンタカーを利用して観光する場合やビジネスでレンタカーを利用する場合の問題点を考えてみます。泊まりでレンタカーは利用できるのか?もちろん利用できると思いますがドライバーや通訳の宿泊費や食費代を渡せば可能です。フィリピンでのレンタカーの利用は、通訳の場合は別料金となっています。大体の予算ですがフィリピンでドライバー付きのレンタカーの場合は8時間〜12時間単位で平均3000ペソ〜4000ペソ(日本円で6500円〜9000円)日本語通訳を付ける場合は別に5000円前後かかる計算となります。車の車種は、5人乗りから11人乗りまで色々な車種がありますが車種により料金も変わります。フィリピンのレンタカーで、行きたい場所を事前に話せば交通渋滞も防げます。夜の遊びの観光もしてくれるのか?答えはYESですが、フィリピンで夜の遊びと言えばマラテやマカティなどのが有名ですが日本のようなフィリピンパブ(KTV)などで遊ばれる方も多いですがお客様の要望に応じて夜の観光も案内できると思います。PH DOORでは、その他にもバタンガスやバギオなどの遠方へ行きたい方へのサポートもしています。例えばバタンガスはスキューバーダイビングやスービックへのジェットなどの遊びにも観光として同行しアテンドもしています。最近ではフィリピンビジネスを開始する方の為に市場調査やコンドミニアムや不動産の案内もしていますので観光、市場調査、フィリピンでの法人登記や不動産賃貸や銀行への口座開設など全てをピーエイチドアが対応してくれています。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら