フィリピンで日本人が銀行口座を作る方法

フィリピンで日本人が銀行を口座を作るのは年々難しくなっていますが、今でも作る方法はあります。
パスポート、TINナンバー(税務署登録書)、イミグレーション(ツーリストビザ)などがありフィリピンで居住する証明書があれば銀行口座は作れます。
当社は、そんな方の為に個人口座・法人口座も作るサポートをしています。フィリピンで大手銀行と言えば(BDO、BPI、METROBANK)などが有名ですがボランチで対応が変わる場合もあります。作る銀行がどこかで大きく変わるフィリピン 私はBGCに住んでいますがBGCは作りやすいと思いますがマカティやオルティガスなどで作れなかったケースなどもあります。しかし、そこはフィリピンでマネージャーが判断する場合もありコネクションで作れてしまうのが素晴らしいフィリピンだと思います。さて、銀行には色々なルールがありますがデポジット 銀行口座開設での最低入金金額が2000peso 銀行によりますがそのお金がなくなれば閉鎖される可能性もあります。法人口座の場合は最低入金が50.000peso日本円で10万円程度

銀行口座を作り、フィリピンへの貯蓄を増やす人やコンドミニアムの支払いなどでフィリピンの口座を利用している人が増えています。フィリピンでは、ワーキングビザを取得すれば口座があるならカーローンも通ります。フィリピンでの銀行口座は全てデビットカードとなりどこでもカードで支払える。

タイムデポジット(日本の定期貯金)のような口座がありタイムデポジットの金額によりクレジットカードの発行も可能となります。フィリピンでの銀行口座開設は仕事にもプライベートにも利用はできると思います。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら