フィリピン経済を支えている出稼ぎ労働者

フィリピンの出稼ぎ労働者は1,000万人を超えていると言われています。
彼らはOFW(Overseas Filipino Workers)と呼ばれており、人口の1割は海外で働いていることになります。

フィリピンの経済成長の要因はさまざまですが、この出稼ぎ労働者たちによる外貨送金がかなり貢献しています。
データによれば、彼らは2016年には243億ドル(約2兆8,000億円)を母国へ送金しました。
これは、フィリピン人の家族を大切にする文化も反映されていると言えるでしょう。
決して自分が儲けたいからではなく、家計のために海外で一生懸命働き、家族を支えているのです。

この金額は、フィリピンの国内総生産(GDP)の1割以上に値します。
この多額な外貨の流入が国内での消費を生み出し、経済を発展させているのです。

彼らは海外でどんな仕事をしているのでしょうか。
その4割は家政婦で、日本はもちろん、ドイツやイギリスなどのヨーロッパ諸国でも雇われています。
フィリピンでは質の高い家政婦・メイドを比較的安価で雇えることで有名ですが、出稼ぎでもその能力を生かして稼いでいるようです。

フィリピン国内での人件費が安すぎて海外でしか十分なお金が稼げないのが彼らの現状ですが、私たち日本人からすれば、人手不足+高齢化が進んでいますので、介護できるような人材が流れてきてくれるのは大変ありがたいことです。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で