フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

日本とは一味違うフィリピンのクリスマスプレゼント事情



クリスマスプレゼントというと、日本では子どもがもらうものというイメージですが、フィリピンでは感謝の気持ちを示すもの。国民の大多数がキリスト教徒のフィリピンではクリスマスは1年で最も特別なイベントなのです。日本では子どもにクリスマスプレゼントを贈る風習がありますが、盛大かつ大規模に行われるフィリピンのクリスマスは全く違った特徴があります。


友人や家族だけでなく企業からもクリスマスプレゼントが贈られる


フィリピンのクリスマスプレゼントは、日本のように子どもたちや友人・恋人同士、だけに贈られるものではありません。12月に入りクリスマスが近づくと、普段からお世話になっている取引先の企業からクリスマスプレゼントを贈られることも珍しくありません。パウンドケーキやクッキーなどのお菓子をはじめ、社名の入ったカレンダーなど企業によってさまざまなものがあります。職場の同僚や近所の人など、いろいろな繋がりのある人と贈り、贈られるのがフィリピンのクリスマスの特徴です。


クリスマスプレゼントをもらったらお返しはするべき?


フィリピン人に個人に贈られたクリスマスプレゼントに対して、お返しすべきが迷ってしまうでしょう。しかしこれに関しては決まりがあるわけではないので、心配する必要はありません。フィリピンのクリスマスプレゼントは、お返しを期待してに贈るものではなく、あくまで本人の感謝の気持ちを込めるもの。自分は贈ったのに、あの人はお返ししてくれなかった…とこじれることは基本的にありません。個人的にお礼がしたい場合はお菓子の詰め合わせなど簡単なプレゼントを用意すると喜ばれます。


フィリピンのクリスマス、これだけはNG!


日本ではクリスマスプレゼントは当日にわたすのが当たり前ですが、フィリピンでは実はNGの行為となります。「当日あげてはいけない」ということではなく、なるべく早くあげるほうが良いということです。日本でのクリスマスは12月24日・25日を指しますが、フィリピンのクリスマスはなんと9月から始まります。街や雑貨屋などのお店も9月からクリスマスムードが漂うため、当日まで待つのではなく、12月に入ったらクリスマスプレゼントを渡すのがベター。家族を何より大切に想うフィリピン人は、クリスマス当日は家族と過ごすことが一般的なのです。


フィリピーナへのクリスマスプレゼントは何が喜ばれる?


クリスマスプレゼントを贈って、意中のフィリピーナとお近づきになりたいと考える方は多いのではないでしょうか。フィリピーナへは「香水」や「バッグ」、「財布」を贈ると非常に喜ばれます。また、プレゼントを渡す際は前触れなくサプライズで渡すと必ず喜んでもらえます。ある程度仲の良い相手であれば最高の笑顔を見せてくれるはず。事前に相手のほしいものをさりげなくリサーチしておくのもおすすめです。



フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら