フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

セブ留学1週間のお小遣いはどのくらい必要?


セブ留学は費用が安い!とよく言われています。

確かにそれは事実で、欧米留学に比べれば格段に安く済ませることが可能です。

しかし、経済成長が著しいフィリピンでは、物の値段は安いものも高いものもあります。

高級レストランに入れば日本と変わらないくらいの出費になりますし、何でもかんでも安く済むというわけではないのです。

 

そこで今回は、セブ留学で実際にどのくらいのお金がかかるのか?を細かく見てみたいと思います。

学校に払う授業料や航空券代のほかに、意外にかかるものがいっぱいあります。

現地にいくらのお小遣いを持っていけば良いのか、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

<授業料と航空券代は変動する>

まず、授業料と航空券は、選ぶ学校やシーズンによって大きく変動しますので、ご自身でリサーチしてみてください。

参考までに、1週間の授業料は6〜10万円ほどです。

通常、寮に入りますので宿泊費や光熱費を含んでいます。

受ける授業のコースの他、誰かと相部屋なのか?一人部屋なのか?によっても金額は変わります。

 

 

<忘れがちな保険料>

海外留学や旅行では、海外旅行保険に入る必要があります。

フィリピンは特に気候や衛生環境の違いなどから病気にかかりやすいです。

海外旅行保険は、大手の旅行会社や保険会社が提供しているものがたくさんあります。

そこまで大きな保障がいらないのであれば、1週間で2,000〜3,000円程度です。

また、クレジットカードに付帯しているものも案外使えます。

これはカードさえ持っていれば特に別途料金を払う必要はありません。

ただし、現地でどうやって使うのかは事前にカード会社のサイトなどで確認しておきましょう。

 

 

<食費は?>

さて、現地で最も気になるのは食費ではないかと思います。

といっても、セブ留学では寮で食事を取ることがほとんど。

たまに他の留学生とレストランに行く時くらいしかお金は使わないと思います。

ローカルすぎない、でも高級でもない普通レベルの飲食店で食事した場合、一人1,000円くらいで十分食べられますし、お酒も飲めます。

1週間の滞在でこれを2回ほど行った場合、単純に2,000円くらいですね。

その他、ちょっとカフェでコーヒーを飲めば1杯100ペソ(約220円)程度使うことになります。

それを毎日行った場合、7日間で1,540円ですね。

ですので、トータル「食費」と呼べるのは3,000〜4,000円もあれば十分ではないかと思います。

もちろん、贅沢をして高級レストランに入れば、4,000円は1回でなくなりますよ!

 

 

<ビザ代は?>

通常、海外ではビザを取得しないと観光も留学もできません。

しかし、フィリピンでは30日間以内であればビザは不要です。

つまり、1週間の留学ならビザ代はかかりません。

30日間を超える場合は「観光ビザ」を申請する必要があり、59日間までの滞在で約6,500円の費用がかかります。

 

 

<娯楽費は?>

せっかくセブに行くのだから、勉強だけじゃなく遊びも満喫したいですよね!

セブで最も人気なのは、やっぱり海でのアクティビティ!

■アイランドホッピング

アイランドホッピングという離島巡りでは、美しい青い海でシュノーケリングが楽しめます。

これはツアーで2,000ペソ〜3,500ペソ(約2,500円〜7,500円)ほど。

人数が多いほど安くなるので、友達を誘って行くのがおすすめです。

■ジンベエザメと泳ぐ

セブ市内からバスで3時間ほど走ったところにある「オスロブ」では、ジンベエザメと一緒に泳ぐツアーが体験できます。

間近で見るジンベエザメは、想像以上の迫力があります!

ほぼ100%の確率で遭遇できますよ!

料金は、ランチ付きで5,000ペソ〜8,000ペソ(約12,000〜17,000円)です。

■映画

セブでは映画が安いので、英語のリスニングトレーニングも兼ねて映画館にも行ってみてはいかがでしょうか。

日本と違い作品によって料金が違いますが、だいたい1本700〜800円程度です。

日本の半額以下なので、かなりお得感があります!

ただし、当たり前ですが日本語字幕はありません。

 

 

<観光スポットは?>

セブは実はフィリピンでもっとも古い都市と言われており、歴史的建造物や文化遺産などが残されています。

フィリピンの観光スポットや博物館、美術館などの入場料はどこもかなり安いです。

100円くらいでどこでも入れるか、タダの場所も多いので、歴史や文化に興味のある人には嬉しいですね。

主な観光スポットの入場料などは以下の通りです。

■サントニーニョ教会:無料

1565年に建てられたフィリピンで最も古いカトリック教会。

幼少期のイエス像がある。

■サンペドロ教会:大人30ペソ(約70円)

スペイン統治時代に建てられたフィリピンで最も古い要塞。

■マゼランクロス:無料

冒険家マゼランが建てたと言われる巨大な木製の十字架。

サントニーニョ教会の中にある。

 

 

<格安のマッサージ>

セブは、安くクオリティの高いマッサージが受けられるのも魅力です。

勉強に疲れたら、気軽にスパに行ってみましょう。

格安のお店なら1時間500円程度、超高級ラグジュアリースパでも10,000円程度です。

あまりにも気持ち良いので、1週間の滞在で2回以上行く人もたくさんいます。

 

 

<タクシー代>

セブでの移動は基本的にタクシーになります。

ジープニーという乗合バスも走っていますが、セブ初心者には危険なのでおすすめしません。

セブのタクシーは初乗り40ペソ(約90円)で、それ以降は300メートルごとに3.5ペソ(約8円)ずつ加算されていきます。

参考までに、JYスクエアモールという大きなショッピングモールからマクタン空港までが200ペソ(約500円)です。

その他、市内をちょこちょこ移動するには大体70ペソ〜100ペソ(約150円〜220円)ほどです。

留学中、平日はあまり外に出ることもないかと思うので、1日100ペソもかからないでしょう。

セブ到着時と帰国時に、空港⇔市内の料金がかかると思っておくと良いですね。

 

 

<セブ1週間留学のお小遣いは32,000円!>

日本で先に払わなければならない語学学校の授業料、航空券代、保険料を除けば、現地で必要なお小遣いはざっと以下のような感じです。

特に大きな贅沢もせず、だからといってケチったわけでもない場合の概算です。

■食費:4,000円

■娯楽・観光:24,000円

■マッサージ:2,000円

■タクシー代:1,000円

■その他雑費:1,000円

合計:32,000円

いくら物価が安いと言っても、観光客を相手にしたサービスやレストランなどは普通に高いですので、あまりセブに「なんでも安いはず!」と期待しないこと。

せっかくセブに来ても、十分なお金がなければやりたいことも出来ずに終わってしまう可能性もあります。

やはり出来るだけ、使えるお金は多めに用意しておくと安心ですよ!

またもちろん、本来の目的が英語の習得ならば、受講コースや寮のクオリティには妥協しない方が良いです。

上手にお金を使って、あなたなりに満足できる留学プランを立ててみてくださいね!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら