フィリピン、セブで闘鶏を楽しんでみよう!


日本ではまず見かけませんが、フィリピンのセブでは闘鶏が人気だってことをご存知でしょうか?

闘鶏、その名の通りニワトリを戦わせるギャンブルです。

クックファイトもしくはチキンファイトと呼ばれていて、実はフィリピン以外でもメキシコなど色々な国で人気の賭け事です。

セブでは日々、いろいろな場所で闘鶏が開催されており、盛り上がっています。

 

<クックファイトのルール>

クックファイトのルールは至ってシンプル。

2匹の鶏の片方が死ぬまで、あるいは動かなくなるまで闘わせます。

セブでは、鶏の足に毒薬が塗られた刃物を取り付け、それで相手の鶏を傷つけて闘うのが一般的です。

飼い主が羽を引き抜くと、鶏が興奮してファイトを始めます。

オーディエンスはどちらの鶏が勝つかを賭けます。

 

<誰でも簡単に参加できる>

クックファイト観戦に参加するのは簡単です。

エントランス料金30〜40ペソ(VIPは100ペソ)を払い、会場に入場するだけ。

手に入場スタンプを押されます。

ブローカーがいるので、どちらの鶏に賭けるかを決めて伝えればOKです。

掛け金は500ペソほどからとなっており、会場やブローカーによって異なるようです。

 

<チキンを食べながら闘鶏を楽しむ男たち>

クックファイトのお客は、ほとんどが男性です。

中にはクックファイトの儲けだけで生活している人もいるのだとか。

みんなビールを飲んだりスナックを食べたりしながら盛り上がって観戦しています。

会場にはチキンを売っている人も。

闘う鶏を見ながらチキンを頬張るってどんな気持ちなんでしょうか・・?

 

<闘鶏の歴史と日本>

闘鶏の歴史は、実は古代インダス文明の時代に遡るそうです。

古代ギリシャ、ローマ、中国、タイなど世界のいろいろな場所で行われてきた歴史を持ちますが、実は日本でも平安時代の頃から行われていたようです。

江戸時代に入ってからは庶民の間では禁止され、明治時代には法令で禁止されることもあったそう。

現在は動物愛護団体の力もあって、実質的には禁止されています。

 

<セブで闘鶏を体験してみよう!>

セブの闘鶏は、日本の競馬と似たようなものだと思います。

片方が死ぬまで・・というのは、今この社会に生きている日本人にはちょっと抵抗があるかもしれませんね。

ただ、私たちが普段食べている鶏はもっと残酷に処理されているという話もあり、倫理的な観点で議論すればキリがないでしょう。

とにかくセブでは、闘鶏は非常に気軽なエンタメであり、負けて死んでしまった鶏は、飼い主が自分で捌いて食べるそうです。

抵抗なく楽しめそうな人はぜひセブで闘鶏を体験してみてはいかがでしょうか?

現代の日本では出来ないことです。

ちなみに、闘鶏の会場は大変混み合っていてスリが多いので、貴重品や金銭の管理には十分気をつけてくださいね!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら