フィリピン、セブに移住したらどんな生活になる?


将来は南の島に不動産を買って、そこで悠々自適な暮らしをしてみたいと思いませんか?

フィリピンのセブは、そんな夢が叶う島として、今日本人をはじめ世界中の投資家から注目されています。

 

でも、実際に住むとなれば、家賃や生活費、環境、治安などなど心配なこともたくさんあるでしょう。

言うのは簡単だけれど、実際に住むってどうなの?と思いますよね。

 

そこで今回は、すでにセブに移住して暮らしている日本人の話を参考に、現地でのリアルな生活をお伝えしていきたいと思います!

 

<住居はコンドミニアム>

まず、日本人がセブに移住する場合、ほとんどがコンドミニアムに住むことになります。

コンドミニアムとは、キッチンや家具が揃った物件のことで、ホテルでもよくあるスタイルなので、海外旅行で利用したことがある人も多いでしょう。

フィリピンでは外国人は土地を買うことができないので、大きなタワーマンションの1室を分譲で買うような感じになります。

これは、購入もできますし、賃貸で借りて住むことも可能です。

 

<家具付き物件がおすすめ>

コンドミニアムには、基本的に家具や家電が最初から付いている場合が多いです。

ただ、家具付きと言っても”Fully Furnished”と”Semi Furnished”に分かれているため、最初に何も家具家電を買わずにすぐに生活を始めたいのなら、”Fully Furnished”を選びましょう。

また、エアコンが付いているかどうかは要確認です!

あとから購入して付けることも可能ですが、費用が余計にかかるだけでなく、備え付けが完了するまでにかなり日数がかかることがあります。

フィリピン人って仕事がすごく遅いので、頼んでもなかなか来なかったりするので・・。

そうすると、何日間も暑さに耐え忍ばなくてはいけなくなります。

ちなみに、家具付きの場合でも部屋はしっかり内覧しましょう。

オーナーによってはひどいセンスで作られている部屋もあります(笑)

 

<ラグジュアリーなホテルのような暮らし>

セブのコンドミニアムに住む最大の魅力の1つは、プール、ジム、24時間セキュリティ万全の施設でラグジュアリーな生活ができるということ。

ほとんどのコンドミニアムでこれらの設備は標準的に付いており、まるでホテルに暮らしているかのような生活が楽しめます。

日本でプール付き物件なんて、相当なセレブじゃないと住めないイメージですよね?

でもセブでは日本と変わらない家賃か、それよりも安い家賃で、そんなセレブな暮らしが可能なんです。

 

<賃貸物件の探し方>

セブで賃貸物件を借りる場合、まず現地には日本のようなしっかりした不動産屋がありませんので、誰かのコネを使うか、自分の足で歩いて気に入った物件を見つけて直接オーナーに問い合わせる、という方法が主流になっています。

しかし、コネもないし、いきなりオーナーに連絡を取るなんてなんだか抵抗ある、という日本人が多いですよね。

ですので、英語があまり得意ではなくフィリピン初心者という方は、日本のエージェントに物件を探してもらうのが良いと思います。

もちろん手数料はかかってしまいますが、何も知らない土地で変な物件を取得してしまうよりはマシです!

また、あやしい会社に頼むと詐欺に遭ったりぼったくられたりするトラブルも起こり得ます。

信頼できる会社を探しましょう!

また、英語が分かる方は現地のウェブサイト「OLX」「Lamudi」「rentpad」などを利用しても良いと思います。

 

<家賃はどのくらいなの?>

気になるセブの賃貸物件の家賃ですが、日本人が一人で住む場合、だいたい月15,000ペソ(約3万円)くらいが最低ラインだと考えておくと良いでしょう。

このくらい出せば、部屋は狭くても比較的綺麗で、日本とそう変わらない生活が可能です。

平均的には、20,000ペソ(約45,000円)くらいの部屋に住んでいる日本人が多いようです。

もっと安い物件もたくさん存在しますが、12,000ペソを切ってくると、汚かったり古かったりします。

そうなると、置いてある家具も水回りなどもかなり古くて、衛生的にも問題がある場合もあります。

もちろん、それでも平気!という人は、家賃を節約すれば相当生活コストは安く済みますよ。

ちなみに1ヶ月2,000ペソ(約4,500円)とかの物件になると、日本人はほとんど住んでおらず、地元のフィリピン人用です。

セキュリティもまったくないボロい家であることが多く、強盗などの犯罪に遭う可能性も高くなるので、避けたほうが良いです。

 

<生活費について>

セブでコンドミニアムに一人暮らしした場合、月3〜4万円ほどの家賃がかかることが分かりました。

では、生活費はどうでしょうか。

あまり娯楽などをせず質素に暮らした場合でも、下記くらいの金額はかかってきます。

■水道代:月150ペソ(約300円)

■電気代:月1,500ペソ(約3,000円)

■ガス代(プロパンの場合):150ペソ(約300円)

■食費(自炊した場合):5,000ペソ(約10,000円)

■ネット代:月1,000ペソ(約2,000円)

電気代が特に高いのがわかりますね。

フィリピンは物価も安く光熱費も安価ですが、電気代だけは日本と変わらない水準となっています。

これに加え、外食費や交通費(タクシー代)などがかかります。

 

<メイドのいる生活>

フィリピン、セブに移住するメリットの1つとして、メイドが簡単に雇えるというのがあります。

人件費が安いセブでは、1ヶ月1万円以下で家政婦を雇うことができるのです。

掃除、洗濯、料理、あるいは子守など、家事全般を任せることができれば、どれだけ自分の自由な時間が取れるか、想像してみてください。

多くの日本人駐在員は、メイドのいる生活が楽すぎて、日本に帰りたくないと言います。

もちろん、単身者でも利用可能です。

現地でビジネスをやりたいと思っている人も、メイドがいれば家の中のことは一切やらなくてよくなり、仕事に集中できるのでおすすめです。

メイドは、現地で探すこともできますし、日系のエージェントを利用して探すこともできます。

エージェントを通したほうが高くつきますが、信頼できる人材が探しやすくなります。

 

<ビザは取れるの?>

海外移住でネックになりやすいのがビザですよね。

フィリピンでは日本人は30日間まではビザ不要となっており、30日以降も観光ビザを取得できます。

これを段階的に延長していって、なんと最長で3年間まで延ばすことが可能です。

ただ、ここまで長期になると手続きも面倒になってきますし、そもそも観光ビザでは就労ができませんので、現地でお金が尽きたら終わりです。

フィリピンで働いて生活し、完全に移住を目指すなら、「クオータビザ」あるいは「リタイアメントビザ」と呼ばれるビザを取得し、永住権を手に入れることを目指したほうが良いでしょう。

特に「クオータビザ」は年齢制限もなく維持費もほとんどかかりませんので、かなり人気です。

年間で50人にしか発給されないというレアなビザでもありますので、取得にはエージェントを利用し、ある程度の時間と根気を持って申請に臨むことが必要になってきます。

しかし、取るのが難しいといっても不可能ではないので、本気でフィリピンに移住したいなら取得をおすすめします。

 

<生活環境はどんな感じ?>

フィリピンは経済成長が著しく、特に首都マニラはかなり都会化が進んでいます。

中心地だけ見れば、東京に遜色がありません。

ただ、セブに関してはまだ発展途上な部分を多く感じるでしょう。

衛生面、インフラなどもまだまだこれから発展していく予定です。

現在はリゾート地としての観光業と、留学産業で成長しています。

電車はまだ走っていませんので、移動はタクシーもしくはジープニーと呼ばれる乗合バスのようなローカルな乗り物になります。

ジープニーは安全面から考えてあまり日本人には向いておらず、特にフィリピン初心者にはおすすめしません。

まずはタクシーに乗れるようになりましょう。

タクシーも、ぼったくりや詐欺は日常茶飯事です。

ちゃんとメーターを使ってもらう、お釣りを返してくれないことがあるので小銭を用意しておくなど、現地で暮らすのに必須の習慣を身につけていく必要があります。

最初はサバイバルゲームのように感じるかもしれませんね(笑)

 

<ドライバーを雇うことも可能>

上記のように、セブでの移動はタクシーがメインですが、ぼったくりなどのトラブルがあとを絶ちません。

そのため、日本人は現地でドライバーを雇っていることも多いです。

お抱え運転手なんてセレブしか雇えないと思うかもしれませんが、フィリピンは人件費が安いので、メイドと同様、日本人にはそこまで大きなコストになりません。

交通渋滞がひどく運転がみんな荒いセブでは、自分で運転するのもかなり危険です。

現地での運転に慣れたベテランドライバーを雇うことで、快適な生活ができます。

 

<治安は大丈夫なのか?>

フィリピンといえば、治安が悪いことで知られています。

セブも例外ではなく、場所によってはかなり危ない地区もあります。

特に日本人はフィリピン人からすればかなりのお金持ちですので、標的になりやすいです。

セブで暮らすにあたっては、夜間の単独行動はできるだけ避けましょう。

男性なら一度は訪れたい歓楽街「コロンストリート」へ行く場合も、できれば現地の信頼できる人と一緒に行くのがおすすめです。

また、フィリピンに限ったことではないですが、金銭を見せない、高価なアクセサリーなどを身につけない、大金を持ち歩かないなどの基本的なことを守って行動してください。

 

<まずはセブに足を運んでみよう!>

フィリピン、セブに移住した場合のリアルな暮らしの様子をご紹介しました。

もちろん、資金によってはもっと贅沢な暮らしもできますし、節約してミニマムな生活をすることも可能です。

まずは一度、現地を訪れて生活環境や物件を視察してみましょう。

BTWINでは、コンドミニアムを購入したい方向けに、物件の視察ツアーを行なっているほか、ビザの相談や現地でのビジネスについてもご相談いただけます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

https://btwin-realty.com


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら