日本で買えるフィリピンのお土産


海外旅行では職場や友人にお土産を買うのが当たり前だけれど、つい忘れてしまうこともありますよね。

でも今はネットの通販で日本に帰ってきてからでも購入することができます。

フィリピンのお土産も、ネット通販でたくさんのラインナップが揃っているので、もし忘れてしまっても大丈夫です。

今回は、その中でも特に人気でおすすめのお土産をご紹介します。

 

<定番はこの3つ!>

■バナナチップス

日本に帰ってきてからでも帰る定番お土産の代表がバナナチップス。

普通に輸入菓子のお店でも売っているので安心です。

フィリピンといえばやっぱりバナナは有名だし味も万人受けするので、迷ったらバナナチップスを買っておけば間違いありません。

「Jovy’s」というメーカーのものが有名です。

■ドライマンゴー

ドライマンゴーもまた、フィリピンのお土産としては定番中の定番で、そのまま食べても美味しいし、ヨーグルトに浸けておくとまろやかなマンゴーヨーグルトも作れちゃいます♪

「7Dドライマンゴー」というブランドが最も有名です。

フィリピン現地で買えば1袋200円以下なので日本で高値で買うのはなんだかちょっと損した気分にもなりますが、味はお墨付きなので安心して買える一品。

■パパイヤ石鹸

女性へのお土産に特におすすめなのがパパイヤ石鹸。

フィリピンでは美白のために使用している人が多く、コスメ好きには絶対に嬉しいはず。

香りも良いので癒されます。

日本で買うと一個1,000円くらいしますが、奥さんや彼女にあげたら喜ばれますよ!

 

<フィリピンのお菓子>

■オタップ

セブのお土産として人気のオタップは、源氏パイのような感じのサクサクパイ菓子です。

いろんなブランドがありますが、「Shamrock(シャムロック)」というブランドのものがおすすめ。

2個ずつ小袋に入ってパッケージされているので、職場などでみんなに配るのにも使えます。

コーヒーや紅茶にぴったりの味なので、休憩中のお菓子に最適です。

■ボルボロン

もともとはスペインのアンダルシア地方発祥のお菓子で、フィリピンではクリスマスなどで食べられているミルク味のショートブレッドです。

見た目はクッキーかビスケットに似ている感じですが、口に入れるとホロホロ崩れて、まさに名前通りの食感。

沖縄のちんすこうにも近いかもしれません。

こちらも小包装されているので、バラマキ用におすすめ。

■ピリナッツ

こちらはお酒のおつまみにもぴったりな一品。

ルソン島ビコール地方でしか採れない珍しいナッツで、薄皮の中に白い実が入っています。

ソルト&ペッパーなどのしょっぱい系の味もあれば、砂糖のかかった甘いフレーバーもあり、お好みに合わせて買えるのが嬉しいですね。

 

<ユニーク部門ならこれ!>

■アドボの素

フィリピンの家庭料理の代表「アドボ」が簡単に作れる素です。

アドボとは、塊の肉をスパイスなどで味付けしたもの。

アドボの素を水で溶いて肉を浸けたあと油で揚げ、浸けた液を絡めてさらに煮込むと美味しいアドボの出来上がりです。

ちなみにアドボの素は「Mama Sita’s」というメーカーから出ており、アドボの他にシニガン、トゥチノ、カルデレータ、メヌドの素も発売しています。

フィリピン料理好きにはおすすめのシリーズ。

■パンシットカントン

フィリピンのインスタント焼きそばです。

日本人にも大人気のジャンクフードですが、フィリピンに行ったことのない人は知らないと思うので、良いお土産になるでしょう。

プレーンのほか、カラマンシー味などフレーバーもいろいろあります。

日本で買う際はAmazonで注文できますよ!

■シーズニングソース カラマンシー 

カラマンシー とは、フィリピン料理によく使われている酸味のあるフルーツえす。

肉や魚など、カラマンシーソースがあれば何だって簡単にフィリピン風に仕上がっちゃいます♪

アジアン料理好きな方へのお土産にぴったりです。

■チャンポラード

チャンポラードとは、チョコレートのお粥です。

なにそれマズそう・・と思ったあなた!ぜひ試してみてください。優しい味わいが意外に美味しくてクセになります。

フィリピンでは朝ごはんによく食べられていて、砂糖の量を調節すれば甘すぎないものが作れますよ。

お土産としては、ココアパウダーとお米がセットになったものが売られており、お好みの量の砂糖を入れて煮れば出来上がり。

珍しいので話の種にもなります!

 

<ドリンク系>

■バラココーヒー

バラココーヒーとは、フィリピン産リベリカ種コーヒーのこと。

世界三大コーヒー豆として知られており、全世界で流通するコーヒー豆の1%にも満たない希少種です。

あまり知られていませんが、実はフィリピンはコーヒーの名産地でもあるんです。

強いコクと苦味が特徴のバラココーヒーは、コーヒー通の友人や上司におすすめのお土産です。

■マンゴージュース

日本では高級品のマンゴーですが、フィリピンでは3個で150円程度から買えるという、マンゴー好きにはたまらない天国です。

ただ、生の果物は持って帰れないので、ジュースがおすすめ!

フィリピンのマンゴージュースは日本でも通販で買えます。

ちょうど良い甘酸っぱさと濃厚なコクは、贅沢な味です。

■ランバノグ

こちらは蒸留酒で、フィリピンでは実は蒸留酒は何世紀にも渡って飲まれています。

原料はココナッツなので、ココナッツワイン、ココナッツウォッカなどとも呼ばれていていますが、実際にはワインでもウォッカでもないナチュラルなスピリッツです。

もともとは庶民の飲み物として愛されていたランバノグですが、2015年にモンドセレクションで金賞を受賞するなど、今は世界にも認められるようになりました。

お酒好きなら一度は試してみたい逸品です。

お酒は持ち帰りに規制もありますし重たいので、むしろ日本で通販した方が買いやすいかもしれませんね。

 

<フィリピンで買い忘れても大丈夫!>

いかがですか?

ここでご紹介したアイテムは全て、日本に帰ってきてからでも通販で購入できます。

フィリピンでお土産を買い忘れても安心ですね!

ただし、やはり値段はフィリピンで買う時の3〜5倍します。

せっかく物価の安いフィリピンに行くのであれば、やっぱり現地で買うのが一番なのは言うまでもありません。

緊急時にぜひ利用してもらえればと思います。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら