フィリピンでは上手にメイドを雇って余裕のある生活をしよう!


フィリピンではメイド(家政婦)を雇って生活する日本人がたくさんいます。

人件費が安いため、特に富裕層でなくともメイドを雇う家庭は多いです。

共働きの夫婦で子供がいても、メイドが家事や子守を代行してくれると本当に楽になります。

 

しかし、日本人がフィリピン人メイドを雇うとなかなか上手に関係を築けず、失敗するケースも多々あります。

1ヶ月のうちに何人ものメイドを試用して、それでも良い人材が見つからない・・なんてことも珍しくありません。

 

そこで今回は、上手なメイドの探し方や扱い方、良い関係を築くためのヒントをお伝えしたいと思います。

これからフィリピンに移住もしくは長期滞在を考えている方はぜひ参考にしてください!

 

<メイドの仕事とは?>

日本で家政婦を雇ったことのある人はあまりいないと思いますので、メイドが何をしてくれるのか意外と知らないかもしれません。

基本的には、掃除、洗濯、料理、買い出し、犬の散歩などの家事全般です。

子供がいる場合は「ヤヤ」と呼ばれるベビーシッターもやってくれる人もいます。

家庭によっては、料理担当、掃除担当、子守担当などに分けて何人もメイドを雇う場合もあります。

 

<メイドの給料相場>

メイドには住み込みと通いの2タイプがありますが、住み込みの場合は月3,000ペソ〜5,000ペソ(約6,000円〜10,000円)程度が相場です。

交通費を払わなくて良い分、メイドにも部屋を与えたり、家族で外食する際には一緒に連れて行くなど、家族の一員として扱う必要があります。

週1回など限定的に来て欲しい場合は1日500ペソくらいです。

 

<フィリピンでのメイドの探し方>

メイドを探す方法には以下のようなものがあります。

■知り合いに紹介してもらう
フィリピンに住む友人や知り合いなどから適任と思われる人を紹介してもらえば、比較的安心して雇えます。

■親戚から探す
夫婦のどちらかがフィリピン人の場合、フィリピンの親戚からメイドとして働きたい人を探すことができます。

■エージェントを使う
派遣会社に登録されているメイドから選ぶこともできます。価格は高くなりますが、仕事はきっちりしていて、もし突然辞めてしまっても別のメイドをすぐに紹介してもらえます。

 

<フィリピンメイドの上手な選び方>

真面目で仕事ができて英語も話せて・・というハイスペックを求めると、なかなか条件に合うメイドが見つかりません。

それよりも、素直に言うことを聞いてくれるか、過去に犯罪歴などがないか(メイドが雇い主の金銭を盗むケースは非常に多い)、嘘をつかないかどうか、などが重要です。

ただ、面接で会っただけでは分からないことも多いですよね。

なので、メイドはまず1ヶ月〜2ヶ月の試用期間を設けて様子を見ましょう。

仕事ぶりがOKでも家族と合わないこともあります。

フィリピンメイドは当たり外れが激しいと言われていて、当たりの人が来るまでに複数雇うことがほとんどです。

また、メイドは若すぎない方がベターです。

10代や20代前半の女の子は、見た目は可愛いかもしれませんが、やはり子育てを終えた40代〜60代よりも家事に離れていない傾向があります。

そして、若いうちは彼氏ができると恋愛に夢中になってしまい、仕事がおろそかになっちゃうのです。

あるいは突然妊娠して辞めちゃう、なんてことも・・。

いろいろな意味で、ちょっとおばちゃんくらいがメイドにはちょうど良いと思います。

 

<メイドと長く良い関係を築くには?>

せっかく雇っても、なかなか良好な関係が長く続かず、結局探すのを諦めてしまう日本人も多いようです。

フィリピンメイドと良い関係を保って働いてもらうためには、いくつかの注意点があります。

■契約内容は明確にしておく
掃除や洗濯といっても、何日に1回どこをやるだとか、何時には犬の散歩に行って欲しいだとか、最初に細かく決めておいた方が楽です。あとで追加で何かをお願いすると、もっと給料を増やして欲しいと言われることもあります。

■妥協も必要
日本人は「お金を払っているんだから仕事はきっちりやって欲しい」と考える人が多いと思います。しかし、フィリピン人は日本人ほど完璧主義ではないし、あまり厳しくしすぎると嫌がられてしまいます。掃除1つ取ってもその人のやり方というのがあるので、口を出しすぎるのはNGです。

■家族と思って扱う
住み込みで働いてもらう場合は、家族と同様の扱いをするべきです。食事も同じものを食べべてもらい、休日にどこか出かける際には一緒に連れて行ってたまにはレストランでご馳走してあげても良いでしょう。メイドは奴隷ではありません。

■休日をしっかり与える
住み込みで働いていると、労働時間と休みの境目が分かりにくくなりがちですが、週2日などしっかりと区切りをつけて休ませてあげましょう。また、メイドがどこかへ遊びに行くのであれば気持ち程度のお小遣いをあげても良いと思います。

■感謝を伝える
たまにはプレゼントやボーナスのお小遣いをあげたりして、労ってあげることも大事。また、クリスマスや誕生日もちゃんと祝ってあげましょう。

■たまには給料前借りもOK
フィリピン人はよくお金を貸して欲しいと言ってきますが、給料の前借りもたまにはOKと思って対応して良いでしょう。そこは、1ヶ月分までなどのルールを作っておくと良いです。

■お金は放置しない
お金をテーブルの上などに放置しておくのはやめましょう。メイドさんを信用しているとしても、万が一なくなったなどのトラブルがあった際に疑うことになり、お互いに気持ち悪い思いをすることになります。

 

<メイドを雇うメリット>

メイドが家事や子守をすべてやってくれると、やはり仕事や趣味に取れる時間が増えるのが最大のメリットです。

特に子供がいると、24時間365日見続けていなければなりません。

ほんの数時間出かけたくても難しい、というのは日本のママさんたちの悩みだと思います。

メイドにあずけてたまには友人と出かけたり、新しいことにチャレンジしたりする余裕があったら最高だと思いませんか?

夜飲みに行ったり、昼寝をすることもできます。

また、子供に邪魔されずに夫婦の時間を大事にすることもできます。

日本ではメイド文化は一般的ではないので、日本人が一度メイドのいる生活を体験すると、やめられなくなってしまうのだとか。

メイドがいるからフィリピンに永住したい!と考える人も多いようです。

 

<メイドを雇って余裕のある生活をしよう!>

いかがですか?

メイドが雇えるというのは、フィリピンに暮らす際の大きなメリットだと思います。

上手に利用すれば気持ち的に余裕のある暮らしができ、自分のやりたいことに集中できます。

相手に完璧を求めすぎず、適度な距離を保って接することが一番のポイントです。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら