フィリピン、セブ移住の魅力とは?


将来は南の島でのんびり暮らした〜い!なんて日本人は多いと思います。

事実、東南アジアはそれほど資金がなくてもそれが叶うので、多くの投資家がコンドミニアムを買い付けたり、ビジネスを始めたりして、移住の準備をしているようです。

中でもフィリピンはこれから経済的に成長を続けることが見込まれており、不動産を購入する人が大勢います。

 

フィリピン移住で日本人に人気なのは、やはり経済中心地となっている首都マニラで、中でも治安のよいボニファシオ・グローバル・シティやマカティは、日本人がたくさん住んでいます。

便利で快適なシティライフを楽しみたいのなら、とても良い選択肢です。

 

シティライフよりもネイチャー派!という方には、マニラではなくセブという選択肢もあります。

セブにも日本人移住者は多くなっており、英語留学が盛んなことから、学生も多いです。

ネイチャー派と言いつつも、セブにも高級コンドミニアムやオフィスビルもあり、大都会と大自然が混在しています。

 

今回は、フィリピンの中でも特にセブに移住するメリット、魅力についてお伝えしたいと思います!

 

<とにかく海が綺麗>

海が見える街が大好き!という人には、セブはうってつけです。

セブシティからも青い海が見えますし、車で1時間走ればビーチのあるマクタン島のリゾートエリアにアクセスできます。

マリンスポーツが楽しめるのはもちろんのこと、ビーチでぼーっと寄せては返す波を見て過ごすのも良いですね。

1年を通して暖かいため、いつでも好きな時に海を満喫できるっていうのは、海好きな人には超贅沢ですよね。

セブではそれが叶います。

また、セブからはボホール島などの離島へも簡単に遊びに行けます。

ダイビングやジンベエザメと泳ぐツアーなどもあり、マリンアクティビティを好きなだけ楽しめます。

 

<海だけじゃなく山もある>

海のイメージが強いセブですが、実は島のほとんどは山でできています。

ですので、山の大自然も一緒に満喫できちゃうんです。

海より山派!という人も安心してください♪

セブシティから、セブ島の最高峰「オスメニアピーク」という山へアクセスできます。

ここの頂上の絶景は、アクティブ派なら一見の価値ありです。

周りの山々、海、シティを一望できます。

また、おすすめはキャンプして夜に星空を見ること。

もちろん昼間の日帰りでも素晴らしい景色を見ることができます。

登山というとなんだか大それた感じがしますが、オスメニアピークはなんと30分で登れてしまう初心者でも安心の山なんです。

 

<高級コンドミニアムに破格で住める!>

フィリピンの最大の魅力として、物価の安さがあります。

これは不動産の賃貸料なども同じで、もちろんマニラ首都圏の一等地は10万円以上のところもありますが、セブなら4万円台でプールとジム付きのコンドミニアムに住めます。

また、24時間体制のセキュリティも完備しており、治安面も安心です。

もし不動産を購入したとしても、価格は日本の4分の1とも言われており、セカンドハウスとして所有する人も多いです。

 

<生活費も安い>

物価の安いフィリピンでは、家賃だけでなく食費などの生活費も日本より全然安く済みます。

移住してからもあまりお金をかけずに暮らせるのは助かりますよね。

光熱費や日用品も日本より安いですし、移動する際に使うタクシーも初乗り70円程度。

家賃、生活費に 美容代や携帯代を足しても、月10万円もかかりません。

もしも日本に暮らすのと同じくらいの予算があるなら、相当贅沢な暮らしも可能でしょう。

また、あまり貯金がない若者でも、セブなら移住しやすいです。

 

<メイドさん、ドライバーを雇える>

これは日本ではなかなか難しいことですが、フィリピンではメイドさん(家政婦)も安く雇えます。

それほどお金持ちでなくても、多くの家庭でメイドさんに家事をお願いしているんです。

給料は交渉して決めますが、大体の相場は月10,000〜20,000円ほどです。

南国で自由に暮らせるだけでなく、掃除や洗濯、料理までやってもらえる生活なんて、天国じゃないですか?

子供がいる家庭の場合は、ベビーシッターにもなってくれます。

日本人駐在員の奥さんの多くが、この生活が快適すぎて日本へ帰りたくなくなるんだとか。

また、車を所有した場合もドライバーを安く雇うことができます。

セブでは交通渋滞が激しい上に、みんな運転が荒いので自分で運転するのはすごくストレスが溜まります。

ですので、時間給で働いてくれるドライバーを雇って、慣れたセブの道路を代わりに運転してもらうのも良いでしょう。

メイドに運転手だなんて、貴族にでもなった気分ですよね!

でもセブ移住ではそれも可能なんです。

 

<日本人が働ける環境がある>

セブで自分でビジネスを始めても良いですが、それが難しいな〜という人は現地で就職するのもありです。

セブには日本人が高給で働ける日系企業も数多く進出しています。

通訳や営業など、英語ができれば月収20万円以上の求人もあります。

また、フィリピンで働くには就労ビザが必要ですが、ほとんどの場合は就職先の会社がスポンサーになってくれます。

 

<和食レストラン、日本食材屋さんが充実している>

海外に移住するにあたって「日本食が恋しくなるから無理かも」と考える人は少なくないようです。

実際、海外では和食レストランがあったとしても全然美味しくないお店も多く、がっかりさせられてしまうことが多々あります。

しかし、セブでは現地在住の日本人お墨付きの美味しい日本食レストランがたっくさんあるんです!

寿司、ラーメン、天ぷらなどの定番はもちろんのこと、鍋や焼肉、お混み焼き、焼き魚定食まで何でもあります。

しかもどれも日本で食べるのと変わらないクオリティです。

また、醤油や味噌などの日本の調味料も買えますので、自炊して和食を作りたいという人も安心です。

他の諸外国に比べれば、圧倒的に和食や日本食材に困ることはないでしょう。

 

 

いかがでしょうか?

夢の南国暮らしがフィリピンのセブなら簡単に叶います。

本当に気軽に、多くの日本人が移住してきています。

一生住むつもりはなくても、数年間だけ海外生活をしてみたいという方にもおすすめです。

海あり、山あり、シティありのセブで、日本とは違う新しい経験をしながら、のんびりスローライフを楽しんでみてください♪


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら