セブの物価って実際どうなの?食費から不動産まで比較

物価が安いことで知られているフィリピン。

リゾート地や英語留学先として人気のセブ島もしかりで、滞在中にかかるコストは日本や欧米諸国と比べればかなり安いです。

しかしながら、いくらフィリピンでも何でもかんでも安いわけではありません。

日本と大差ない金額の物もありますし、むしろ日本より高いのでは?と思ってしまう物も存在します。

また、もしセブに長期滞在するなら生活費も気になりますよね。

 

そこで今回は、単に物価が安いといっても、一体何が安いのか?

セブで買った方がいいもの、日本で買った方がいいものは何なのか?

などなどを、品目別にご紹介していきます!

 

<食品>

主にスーパーなどで売られている食品に関しては、日本よりフィリピンの方が安いものがほとんどです。

お菓子、コーラ、カップ麺、水、米など、日本の半額かそれ以下で買うことができます。

お米や水など生活に必要なものが安く買えるのは助かりますよね!

また、すごくお買い得感があるのはフルーツです。

特にマンゴーは日本では高級品で、高いものだと1つ400〜500円します。

しかしセブではなんと、1キロあたり70ペソ(140円)。

1個じゃなくて、1キロですからね!

1キロあたり、だいたい4個ほどになります。

残念ながら日本へ持ち帰ることはできないので、ぜひ現地で新鮮なマンゴーを味わって帰ってください♪

 

<外食>

食品は安いセブですが、外食するとなると、実はそれほどでもありません。

日本食レストランや、マクドナルド、スターバックスなどの外資のチェーン店などは、日本と同じくらいになります。

お得感があるのは、ローカルの飲食店と韓国焼肉店です。

せっかくセブで過ごすのなら、日本でも行けるチェーンではなく、地元のフィリピン料理を食べてみたいですよね。

フィリピンの風物詩である屋台フードも、100円もあれば何種類か食べられます。

ただし、衛生的でないお店もあるので食べるときは気をつけて。

 

<交通費>

フィリピンの生活費の中でもっとも安いと感じるのは、交通費かもしれません。

セブの交通機関は、タクシー、ジプニー、トライシクルなどになります。

治安の面を考えると、日本人が主に使うのはタクシーになると思いますが、これが安い!

なんと初乗り30ペソ(約60円)。

日本の約7分の1で、しかもメーターで上がっていくレートは9分の1。

タクシーって一般的には一番高い乗り物のイメージですが、実は日本の電車賃よりも安いのがフィリピンなんですね。

また、「フィリピンではタクシーのぼったくりが多い」なんて話を聞いたことがあるかもしれませんが、たとえぼったくられても数百円の世界なのです。

ちなみに乗合バスのジプニーは初乗り7ペソ(約19円)とタクシーよりもさらに安いですが、乗り方がちょっと独特なのと、スリなどが発生しやすいため、日本人にはタクシーがおすすめです。

 

<日用品>

シャンプーなどのアメニティ系はどうでしょうか。

最近日本では1本1,000円以上するちょっと高級なシャンプーが流行っていますが、安いものだと1本300円程度でも変えますよね。

セブでも実は同じくらいで、100ペソ(約270円)程度します。

さほど日本と変わりません。

また、石鹸も同じです。

ちなみにフィリピンでは「パパイヤ石鹸」という美容石鹸がお土産として大人気ですが、決してフィリピンだから安い!といった感じではありません。

石鹸が好きな人は、日本で複数入ったパッケージを買ったほうがお得だと思います。

また、つい忘れがちだけど重要なのが電池。

フィリピンも日本も大差なく、コンビニで売られている単三電池が46ペソ(約125円)程度です。

重いので現地で買っても良いですが特にお得感はないですね。

総じて、日用品に関しては可能な限り日本から持ち込んだ方がお気に入りのものが使えるのではないでしょうか。

 

<お酒・たばこ>

日本ではどんどん値段が上がっているタバコですが、フィリピンでは1箱約135円!

まるでジュースを買うように買えちゃいますね。

しかし、味に関しては日本と同じとは限らないようです。

やはりフィリピンではフィリピン仕様になっていると思いますので、喫煙される方は一度試してみては?

お酒に関しても、ビールは1缶100円程度で日本よりもだいぶお得。

フィリピンのビールといえばサンミゲル。

さまざまなフレーバーがあるので、お酒好きな方はぜひ試してみてください。

フィリピンに来たらビールがまるで水のような値段なので、ついつい嬉しくて飲みすぎてしまう人も多いみたいです。

 

<化粧品>

女性には欠かせない化粧品ですが、フィリピンも日本もあまり変わりません。

メイベリンなどの外資ブランドはフィリピンでも人気ですが、特に安いわけではないので、現地調達する意味はあまりないと思います。

また、資生堂など日本のブランド品は日本より高いことも。

 

<電化製品>

こちらも日本と変わりません。

フィリピンに移住したとして、テレビや冷蔵庫などを揃えると、ほぼ日本と同じくらいのお金がかかります。

また、フィリピンのブランド(日本のブランドをもじったものが多い)の電化製品も販売されていて値段は少し安いですが、質は劣ります。

 

<不動産>

ちょっとスケールが大きいですが、もしコンドミニアムなどの物件を購入した場合は、日本より格段に安いです。

ワンルームマンションのような部屋なら、400万円台で買えます。

また、いわゆる1LDKや2LDKタイプでも1200万円程度で探せるので、将来は海外に移住したい、あるいは資産運用に不動産を購入したいと考えている人には、フィリピンは非常に好条件です。

物件数が多いのは首都マニラになりますが、セブもかなり開発が進んできています。

東京のマンションよりもラグジュアリーな設備付きで、ちょっと贅沢な暮らしができますよ♪

 

<お土産>

フィリピンに来たなら是非とも買って帰りたい定番のお土産。

ドライマンゴーやバナナチップスなどは、1袋40ペソ(約100円)程度です。

日本で同様のものを買おうとすると300〜400円するので、やっぱりお得ですね。

また、地元の人も日常的に食べているチョコレート菓子などはもっと安く、大勢の人に配るのにぴったりです。

 

いかがですか?

セブの物価は物によって日本と変わらないものもあったり、信じられないほど安かったり、いいろいろです。

日本で調達した方が良いものはしっかり準備して、賢く旅行したいですね!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら