日本語通訳付きで視察ツアーに行こう!

フィリピンは、英語がほぼ全土で通じるという、アジアにおいてはトップの英語力を誇る国です。

経済成長が急速に進む背景には、彼らの高い英語力があるのは間違いありません。

 

しかし、日本語に関しては逆に他のアジア諸国よりも話せる人が少なく、勉強している人も少ないのが現状です。

さしあたって彼らにとって必要ではないので仕方ないかもしれませんが・・・。

 

日本からビジネスや不動産投資の視察のためにフィリピンを訪れる際には、英語もしくはタガログ語が話せなければちょっと厳しいと思います。

せっかく現地の様子を知りたいと思っても、誰にも何も聞けず、話ができないのはもったいない。

 

しかし、投資のプランを立てながら語学の勉強もして・・・となると、なかなかスムーズに進みませんよね。

英語は一朝一夕で話せるようになるものでもありませんし、ましてやタガログ語なんて想像もつかない、という人がほとんどだと思います。

 

そこで、まず初めにフィリピンに視察に行くなら、日本語通訳を雇うのがおすすめです。

 

フィリピン向けの日本語通訳を紹介しているエージェントはいくつもありますが、その中でも信頼できるのがE-PLUSです。

E-PLUSは、フィリピンの不動産・投資の視察ツアーを行なっている会社ですが、日本語通訳の手配もやってくれます。

ビジネス通訳はもちろんのこと、観光案内までしてくれるので、リアルなフィリピンを肌で感じながら、現地のことを日本語で学ぶことができます。

また、フィリピンはあまり治安が良くないことでも知られていますが、日本語が話せる現地人がアテンドしてくれていれば安心です。

 

もし不動産を実際に見て購入したいと思っても、銀行口座を開設したり、支払いに関する契約を交わす際には、すべて英語でやることになります。

また、起業したりビジネスをフィリピン展開させたいと思っている場合も、日本語しか話せないのでは困ることが多いと思います。

というか、おそらく何もできないでしょう。

もし英語が話せたとしても、初心者レベルでどうにかなるものじゃありません。

 

E-PLUSが紹介している通訳は、日本語・英語はもちろん、タガログ語にも対応しており、何かしらトラブルが起こりやすい手続きなどの過程においても、言葉のストレスを感じることなく、お任せできます。

何より、契約内容などの重要な部分が、日本語で理解できれば安心です。

 

しかも、E-PLUSの視察ツアーでは、現地のコンドミニアムに実際に宿泊もできちゃうんです。

フィリピンに暮らすというのはどういうものなのか?

コンドミニアムの使い心地はどんな感じなのか?

近くにはどんな施設があって、どんな環境の生活になるのか?

などなど、具体的にリアルな体験を通して、知ることができます。

 

もちろん、空港までスタッフが迎えに来て宿泊施設まで送ってくれますし、食事などの手配もばっちり。

現地の不動産デベロッパーと直接話す機会もあります。

資産運用を考えている人にはマストのプランです。

その際ももちろん日本語通訳付きなので安心です。

 

フィリピンは今、メトロマニラを中心に急速に発展・開発が進み、日本人の流入も年々増えてきています。

長期滞在や移住を考えている人は、ビザの取得も必要です。

それらの手配や手続きも、やはり英語でのやりとりになります。

E-PLUSではこれらの面倒な工程も全部日本語でサポートしてくれますよ!

 

フィリピン不動産投資、コンドミニアム購入、日本語アテンド、ビザ取得、資産運用・・これらに関することは、まずはこちらへ相談してみてくださいね。

http://e-plus-japan.com

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら