フィリピンのスマホ・携帯事情

フィリピンは貧富の差が大きい国です。
マカティやBGCなどの経済発展の中心地からほんの少し離れるだけで、掘っ建て小屋のような家に住む貧困層が大勢います。
<貧困層でもスマホを持ってるのはなぜ?>
しかし、よく見ると彼らもスマホを持っています。
機種代も月額もかかるはずのスマホを持てるということは、実はお金を持っているの?なんて思う人もいるかもしれません。
これは間違いで、実はフィリピンではお金をあまり持っていなくてもスマホを所有し、使うことができます。
基本的にプリペイド式のものを使っているからです。
月々の基本料金などはなく、使う分だけチャージします。
通話は高いので利用せず、テキストメッセージと音楽プレーヤーを主に使っています。
<フィリピンのスマホは安い>
また、フィリピンでは150ペソ(300円ちょっと)程度の激安の機種が簡単に手に入ります。
これは、ブランドの偽物の端末や中古品、そして盗品が多く出回っているためです。
普通の機種で、だいたい1,000円程度で購入できます。
私たち日本人が普段使っているような機種ではなく、プラスチック製で非常に軽いものです。
まるで携帯のおもちゃのように見えますが、彼らはこれらの機種を非正規ルートで手に入れ、100円程度からチャージして使っています。
出回っている機種は、正規のもので韓国サムスン電子やOPPO(オッポ)、中国のvivo(ビボ)などです。
ほとんどが100ドル未満の格安スマホとなっています。
<高価格・高機能のスマホ需要は増えている>
しかし、フィリピンは今経済発展が著しい国です。
貧困層がいなくなったわけではありませんが、富裕層も増えています。
彼らはだんだんと、高価格で高性能な機種を求めるようになっています。
アメリカの調査会社IDCによると、スマホの平均販売価格は今134ドル(約14,700円)にまで上昇しているとのこと。
また、「ファブレット」(スマホとタブレットの中間くらいの画面サイズのスマホ)もここ数年で大幅に売り上げを伸ばしており、シェア25%まで成長。
そして、同時にパソコンの売り上げも成長しており、年間3%伸びているとのことです。
ネットで大容量データを利用する映像コンテンツなども、消費されるようになってきたためです。
<日本人が使うなら>
私たちがフィリピンを訪れた際に使うのは、もしも手持ちの機種がSIMフリーであれば、日本から持ち込んだものでOKです。
コンビニなどでプリペイドカードを買い、チャージすれば使えます。
また、もし現地で買ったとしても、1万円もあれば普通レベルのものが手に入ります。
フィリピンは、日本と比べてWi-Fiスポットの数がとても多いです。
多少弱い場所はあるものの、ホテル、空港、レストラン、カフェ、ショッピングモール、語学学校など、あらゆる場所でフリーWi-Fiに接続することができます。
短期留学程度の滞在なら、これだけでも生活は可能です。
日本から機種を持ち込む際には、盗難には十分気をつけてください。
iPhoneなどは彼らにとっては超高級品です。
現地の露店などで見かけるこの手の機種は、ほぼ全て盗品なのです。
集団で近寄ってきてポケットから抜き取られるパターンが多発しています。
特に田舎のほうでは、人前であまり使わない、常に見えない場所にしまうなど、管理をしっかり行ってくださいね。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら