フィリピン不動産購入でよくある失敗とは?

フィリピン不動産は非常にチャンスの大きな市場ではありますが、もちろんリスクや失敗例もあります。
ここでは、よくある失敗についてご紹介します。
購入前に勉強して回避できるようにしておきましょう!
<仲介業者を頼りすぎちゃダメ>
フィリピンは、言葉も文化も違う国です。
そのため、つい日本の仲介業者に頼りすぎてしまい、失敗してしまうパターンがよくあります。
特に、売買に関するエージェントは賃貸については何も知らないこともあります。
それぞれのスペシャリストを探すようにしましょう。
また、丸投げせずに自分でいろいろ調べてみることも大切です。
<デベロッパーはあくまでも開発業者>
現地のデベロッパーに依存してしまうケースもあります。
しかし彼らはあくまでも開発業者であり、管理や運営についての専門ではありません。
契約フローにおいても、支払い期日の告知や、購入後の管理サポートなどは一切ありませんので、要注意です。
<購入したけど賃貸できない?>
フィリピンには日本と違って、不動産を管理運営する会社がほとんどありません。
賃貸物件の総合サイトのようなものもありません。
借主を自分で探すか、ブローカーやコネが必要になります。
また、賃貸に出すには家具家電を用意する必要もありますが、それも自分で手配するか、業者を探す必要があります。
<売却のタイミングは慎重に>
購入した不動産の売却で収益(キャピタルゲイン)を得ることは可能ですが、タイミングを間違えると買い手が見つからず、損をすることもあります。
焦って投げ売りするのはリスキーです。
どんな投資でもそうですが、機会は慎重にうかがうべきでしょう。
<名義がフィリピン人で売却できない?>
購入した物件の名義人をフィリピン人にしてしまい、いざ売ろうと思ったときに書類にサインができないというケースが多々あります。
せっかく売りたいと思ったタイミングが来ても、書類の手配が進まないせいで機会を逃すことは珍しくありません。
せっかく投資をするのですから、失敗や損をするようなことは避けたいですよね。
フィリピン不動産で資産運用をしていくには、普段からの正しい情報収集、そして明晰な判断と行動が必要になります。
フィリピン不動産について、まずはいろいろ相談してみたい!
どんな物件が良いのか教えて欲しい!という方は、BTWINに相談してみてください。
フィリピンを熟知した専門家が、投資や資産運用についても教えてくれます。
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE