賃貸コンドミニアムの選び方

フィリピンに住むとなると、ほとんどはコンドミニアムになります。
ただ、コンドミニアムと一口に言っても、フィリピンには様々なタイプがあります。
あなたの目的に合わせて最適なタイプが選べるように、どんなものがあるかを知っておきましょう。
また、実際にフィリピンで生活するとなると、日本とどのように異なるのかもご紹介します。

<フィリピンのコンドミニアムのタイプ>

フィリピンのコンドミニアムには、以下のようなタイプがあります。

■Fully Furnished (家具家電付き)
ベッドやソファ、冷蔵庫、エアコン、キッチン用品などほとんどのものが揃っており、そのまま住み始められるタイプです。
初めてフィリピンに住むには、このタイプが一番おすすめです。

■Semi-furnished(一部家具付き)
一部の家具や家電だけがあるタイプです。
ベッドはあるが冷蔵庫はない、などいろんなパターンがあります。
住み始めるには、買わなければいけないものも出てきます。

■Unfurnished, Bare(家具なし)
日本の賃貸マンションを借りるときと同じようなもので、家具家電は何もない状態の部屋です。

<家賃はどのくらい?>

メトロマニラ圏内で大体15,000〜40,000ペソくらいが平均です。
近年は価格が少しずつ上昇していますので、首都圏だと日本と変わらない家賃のところもあります。

もちろん、もっと安い物件もありますが、治安が悪化する場合があるので要注意です。
やはりセキュリティのしっかりしたところに住んだ方が安心です。
また、あまり安すぎると建物自体の安全性も不安です。

<家賃の払い方>

日本のように銀行から毎月引き落とし、というのはほとんどなく、入居前に1〜3ヶ月分の家賃そして半年〜1年分の小切手を渡します。
つまり前払いなんですね。
ただし交渉次第では支払い方はアレンジできることが多いです。

<光熱費について>

フィリピンは電気代が高いことで有名です!
物価は日本の3分の1とも言われていますが、電気代に関しては東京とほとんど変わりません。
エアコンを毎日使うと月5,000ペソくらいになることも・・。
ガス代、水道代については格段に安いので、毎日シャワーを浴びるのは問題ありません。

<洗濯機は基本的にない>

日本では洗濯機置き場というのが付いている物件が多いですが、フィリピンでは基本的に洗濯屋さんに頼みます。
コンドミニアムの近くにあり、自宅まで洗濯物を取りに来てくれます。
1回につき2〜3キロの価格設定になっているので、ある程度溜まってから依頼した方が良いかもしれませんね。
仕上がりまでには2〜3日かかります。
そして洗濯物はたまに紛失されたり他人のものが混ざったりします・・・。
ここはさすがフィリピンという感じですね。
ですので、お気に入りの服は自分で手洗いしたほうがよさそうです。

フィリピンでは、物件探しは基本的に自分で見て歩いて行います。
ネットでお問い合わせ・・・という日本の不動産事情とはちょっと違うんですね。
気になるコンドミニアムがあったら、直接物件のオーナーさんに話して部屋を見せてもらうことができます。
また、その際に家賃の交渉などもできるので、英語が話せる人はトライしてみましょう。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE